スピーチを上手にするコツ

スピーチを上手にするコツ

3分間スピーチというものを職場でやってる方も多いかと思います。朝礼などで、職場の活性化を目標に、各自持ち回りで、昨日の出来事や今日の目標などを発表し合う方法が一般的だ。

 

職場での3分間スピーチなどは、なぜ行われるかというと、社員間のコミュニケーションを充実させることや、営業や販売における顧客との交渉、コミュニケーションをより豊かにするために行われているはずだ。

 

経営者の方で、こういった方針を掲げて、毎朝の朝礼で行っているところもあるかと思いますが、会社としての目標があいまいであると社員の中になかなか受け入れられられなくて、とりあえずやらなければならないので、マンネリ化して3分間スピーチをやっているところもあるのではないだろうか。

 

先日、テレビを見ていたら、NHKの「会社の星」という番組の中で、このスピーチの話題をやっていた。

 

この番組の中では、ニューズウィーク日本版編集長の竹田圭吾さんが、コメンテーターとして出演してた。

 

スピーチというものは、相手に何を伝えようとするのか、どういった印象を持ってもらうのかということが大切だが、竹田圭吾さんのお話の中では、スピーチの下手な人は、自分を中心に、話を進めてしまいがちで、相手の気持ちを考えない場合が、多いという。

 

スピーチを上手にする秘訣の一つには、主人公は、聞き手であるということです。

 

聞き手が知らないくて興味を示すことを伝えるということが基本ですね。

 

また、スピーチを上手に、はじめて、内容に関心を持ってもらうためには、驚きの内容から始めると良いといった事をおっしゃってました。

 

さらに、スピーチを上手にこなすポイントとして、ミクロにこだわるなということをおっしゃっていました。

 

どういうことかと言いますと、人の話を聞いているとき、抽象的な表現や余り知られていないものの話は、人には伝わりにくいということです。

 

ミクロにこだわるということは、話を説明するときに、より具体的な内容で、説明をするということです。

 

番組の中で紹介されていたある会社のスピーチ訓練方法が、興味深かったですね。

 

そこの会社は、全員で、今日の好きなテーマをメモに書き留めて、それを箱の中に入れて、くじ引きのように、一つ取り出し、そのテーマにそって簡単なスピーチを発表し合うということを行ってた。

 

これを超スピードで行う訓練を朝礼の時に行っている風景を紹介していました。メモが取り出されと、すぐに全員が手を上げて、指名された人が即興で、そのテーマに沿ったスピーチを行うという訓練である。

 

瞬時に話をまとめなければならないし、一瞬でもも、もたもたしていると、なかなか出番がなくなり、周りから、取り残されていってしまう雰囲気であった。

 

営業に回る人たちにとっては、こういった訓練が、顧客とのやり取りで、いつでも元気よく話ができて、打てば響くような顧客対応ができるようになったと好評である。

 

こういった努力の積み重ねが上手なスピーチができるようになる秘訣であろう。

 

営業の仕事に、ついていけない人にとっては、スピーチの期待は、なかなかないものである。スピーチの種類でも多くの場合、結婚式でのスピーチが問題になることが多い。結婚式には、大人になればだれでも数回参加する機会が訪れる。披露宴についてスピーチをいろいろな場面で求められます。

 

新郎スピーチ、乾杯スピーチ、友人代表スピーチ、親のスピーチなどなど、スピーチのオンパレードになる。こんな時のお助けとして、さまざまの本も販売されている。スピーチ例、スピーチネタとしてまとまったものも探せばいくらでも販売されている。

 

こういったもので、ネタを仕入れることはできるが、スピーチというものはそもそもは、相手に何かを伝えて、聞き手の心を揺さぶることをしなければ、印象に残るスピーチにはならない。

 

私も、20代の頃から、仕事関係で、人前で話す機会がさんありました。数百人の聴衆を前に、セミナーのようなお話をさせてもらったことも、たくさんあります。スピーチという点では、わりと慣れている方ではないかと思います。

 

特に体系だったノウハウは持っていませんが、今後の課題として、私の経験なども、まとめていきたいと、思います。機会がありましたら、この場で、発表させてもらいます。

 

(2010年5月21日 コーエン)