スポンサーリンク

2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
扶養家族の税金制度や健康保険の制度について見てきます。「扶養家族」とはどういう意味があるのか御存じでしょうか。かんたんに言うと自分が養育(扶養)しなければいけない身内の事をさしている。この扶養家族がいるいないで社会保険や健康保険等色々と変わってきますので、凄く大事な物です。では1人あたりの扶養家族の人数についてですが、扶養家族が何人だったとしても社会保険料は変わらないようですが、結婚や身内の死亡、子供が生まれた等人数の増減が有った場合には、直ぐに働いている会社の事業主に対して変更届を提出する必要がある。この扶養家族制度はいろいろな制度との絡みが凄く深い制度となっています。社会保険、健康保険、確...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
いろいろな規定を基に税金制度が控除されると言う仕組みが扶養家族にはある。その規定は税金制度によって違う様ですのでいくつか説明して見たいとおもいます。先ずは住民税についてですが被保険者の配偶者の収益が100万円以下であれば課税される事は有りません。ただし100万円を超えた場合は超えた分に対して住民税が課税される様になりますので注意しよう。次に所得税についてです。扶養家族として103万円以内の年収であれば所得税は課税される事は有りませんし、配偶者控除が受けられる様になっています。103万円以上の場合ですが更にあるある程度の基準内で有れば課税はされないようです。更に所得税にかんしては複雑で、配偶者の...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
結婚をして仕事を止めて専業主婦になる場合ですが、専業主婦として生活するのであれば基本的には旦那様の扶養家族として扱われる事になる。旦那様が加入している健康保険組合から奥様を扶養家族にすると言う認定を雇用保険を受給した後に受けなければなりません。その後で扶養家族として認められる事になりますので、仕事を止めてからは間があく事になる。その間は国民健康保険に加入すると言う事になるようです。もし奥様になる人が結婚前に働いていないか、低い収益だった場合、親の扶養家族に入っている可能性が高いとおもいますが、その際には健康保険資格の喪失証明と、親の扶養家族の際に持っていた保険証のコピーを持って旦那様の健康保険...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
正社員等で働いているサラリーマンの方はお給料を会社から貰っている。自分の収益がこう言った給与収益のみの場合ですが、所得税と言う税金だけが徴収される様になっています。この「所得税」ですがお給料から一定金額を差し引かれるのですが、金額は扶養家族の人数によって違うようです。扶養家族が多いほど税金を払わなくて済むと言う計算方式が設けられています。これが扶養家族控除です。ただし扶養家族の定義はきちんと決められていますからそれに従わなくてはならないのですが、例えば扶養家族の方が働いて収益を得たとする。この際の収益が一定額を超えてしまうと扶養家族から外れてしまうのです。この一定額が色々と基準が有るので下記で...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
ここで扶養家族控除について説明してみたいとおもいますので、参考にしてみて下さい。【年収103万円以下】被保険者の配偶者や身内等、年収が103万円以下の方がいる場合は、扶養家族として認められますので扶養控除や配偶者控除を受ける事が出来ます。その金額は個々38万円の控除と言われている。【年収130万円以下】被保険者の配偶者や身内等、年収が130万円以下の方がいる場合は、健康保険の扶養家族として認められますので、被保険者(主に世帯主の方)が健康保険料を納めるだけで、扶養家族の方は保険料を納めなくても3割負担で医療を活用する事が出来る様になっています。【年収130万円以上】ご身内の方が130万円以上の...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
健康保険や社会保険に加入している人の事を被保険者と呼んでいます。その被保険者の扶養家族として認定されている人の事を被扶養者と呼んでいます。この被扶養者と認定される為には、被保険者の収益で生計を立てていると言う要素が基本的には必要になる様です。では被扶養者として認定されるには、どんな要素が有るのだろうか。先ずは被保険者と扶養家族の方が同居している場合の要素としては、被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分未満で有ると言う要素が必要となる。更に被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分以上の年収となっているけれども、被保険者の年収よりは低くて被保険者の年収で生活を...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
配偶者控除と言う制度がある。これは配偶者(扶養家族)が年収103万円以下の収益しかない場合に38万円の所得控除が受けられると言う制度になる。更に配偶者控除には「配偶者特別控除」と言う制度がある。配偶者(扶養家族)が年収38〜76万円の場合に受ける事が出来る所得控除となっています。つまり配偶者特別控除や配偶者控除は、所得税の計算時に配偶者の所得に合わせて税金が安くなっていくと言う制度になっています。結婚してお子さんが出来た場合、ご自分に新たな扶養家族が出来る。扶養家族が増大る場合は会社勤めの場合は会社に、そうじゃない場合は役所に扶養家族申請をする事になる。そうする事で所得税や住民税の金額が少なく...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
失業すると言う事態に遭遇する事も人生有りる。そうした時、扶養家族として扱われる様になる人もいますが、扶養家族として扱われた場合、雇用保険から出される失業手当は給付されないのだろうか。扶養家族として扱われる場合、税金面において扱われる扶養家族か、年金や健康保険において扱われる扶養家族かどちらかがある。税金面においては年収が103万円未満で有る事が扶養家族としての要素に有りますが、この年収には失業保険の給付金は含まれない事になっています。又、年金や健康保険においては年収130万円未満でかつ被保険者の年収で生計を立てている事、その金額は自分の生活費の半分以上と言う事になっています。ですので失業保険の...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
扶養家族に属する言い方で扶養親族と言う部類の物がある。納税者となっている人で扶養親族がいる場合には所得税にかんして一定金額分所得控除を受ける事が出来る税金制度となっています。ではこの扶養家族または扶養親族についてですが、何処までの親族の事を指しているのだろうか。扶養親族として申告する際には申告対象年の12/31時点で以下の要素全てにがい当している人の事を指していますので挙げてみたいとおもいます。1つ目は扶養親族とは納税者の配偶者以外の親族となる。親族の定義としては血族であれば6親等以内、配偶者の血族であれば3親等以内の人達の事を指している。または里子の様に都道府県知事から養育や教育にかんして納...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
税金面において多様な利点が扶養家族になると受けられる事になる。税金面と言うのは所得税や健康保険、社会保険等に関する金額になる。では誰でも扶養家族になってしまえば良いんじゃないかとおもいがちですが、扶養家族になる為には有るある程度の要素をクリアしなければならないのです。扶養家族になる為には申請する必要が有り、その手続き自体がちょっと面倒かもしれませんが、控除が受けられると結構助かるとおもいますので、是非申請する事をお勧めする。税金のかかり方ですが、扶養家族の立場とか年収とかで変わって来ます。ここでは配偶者の場合で考えてみたいとおもいます。配偶者の収益が100万円以下の場合、住民税が課税されない事...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
扶養家族の方で少しでも家計を助けようと在宅での仕事をしている方もたくさんいる事だろう。在宅の仕事も今は色々有りますので仕事の幅も増大てきている様に感じます。とはいえきちんと覚えておいて欲しいのが税金面の事です。在宅と言ってもある一定額以上の収益があれば税金を支払わなくてはならなくなる。また税金を払わなければならなくなった時点で扶養家族からも外れなくてはならなくなりますので注意が必要です。在宅仕事をしている方は、その働き方によって税金の納め方が変わって来たりする。本業の他に在宅仕事をしている方、個人事業主として在宅仕事をしている方、主婦で在宅仕事をしている方等色々です。近年多いのは専業主婦の在宅...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
扶養控除申告をする事で税金や社会保健においていろいろな優遇を受けられますので申告はしておいた方が良いとおもいます。ここでは申告をする上でのポイントをいくつかご紹介してみたいとおもいます。先ずは扶養家族に増減が無いかと言う事です。結婚して配偶者が出来た。子供が生まれた。扶養している人が亡くなった。扶養している人が扶養家族から外れた等を申告しよう。次は控除を重複させていないかと言う事です。重複してしまうと後で返還と言う事にも成り兼ねませんので、しっかりと確認しよう。次は扶養家族として生計を伴にしている身内や親族に所得を得ている人がいるかどうか、また所得が扶養家族限度外でないかどうかと言う事を確認し...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
失業保険にかんしてですが、失業すると失業保険を貰う場合が有るとおもうのです。その受給額や受給期間にかんしては雇用保険に加入していた期間や貰っていたお給料で変わってきますので一概に何とも言えない所がある。失業保険を貰っていて更に扶養家族になるとするならば色々と注意が必要になる。場合によっては扶養家族になれない場合も有るそうなのです。結婚して会社を辞めて失業実態になった時、先ずは失業保険を貰おうとしる。その額によっては旦那さんの扶養家族になれない場合が有るようです。それは旦那さんの入っている組合によるのだろうが扶養家族にする為の上限額と言うのが設定されているようです。失業保険をたくさん貰っている場...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
身内が扶養家族から外される時と言うのはどういう場合だろうか。例えば扶養家族の方が就職して給料を貰う様になった場合、また死亡してしまった場合に扶養家族から外されてしまいます。給料にかんしては年収130万円以上(60歳以上の場合は年収180万円以上)になった場合に扶養家族から外される事になる。こうした収益による扶養家族から外れる外れないと言う基準としては、年収が130万円超えた時点で外すと言う事では有りません。サラリーマンになる等継続的に収益が見込める様になった場合には、収益を得る様になった時点で扶養家族から外さなければならないのです。では扶養家族を外す手続きと言うのはどうすればいいのだろうか。扶...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
昨今の不景気、または高齢化社会になってきた事に伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増大てきているようです。平均寿命が延びてきていますし、少子化も進んでいます。その為に高齢化社会が進行しているのです。又、高齢者を支えなければならない若い世代にとっては不景気と言う事も重なって、仕事が無いとか生活が苦しいとか言う人も増大てきています。自分の生活の面、親の生活の面を考えてみて、親を扶養家族にすると少しは生活が楽になるのではないかと言う考える人が多いみたいなのです。親を扶養家族にする場合、健康保健においての被扶養者、税法上においての被扶養者と2通りパターンがある。健康保険においての...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
被扶養者とは扶養家族の事を指していて、扶養する人の配偶者、子供、父母等が主にあたるのですが、これらの身内が扶養する人の収益で生計を立てている人の事を指している。扶養家族に当たる人は血族、親族になる。では、扶養家族として認められない人とはどんな人なのだろうか。・「健康保険の被保険者である人」は個人で生計を立てていると言う事になりますので扶養家族としては認められない事になる。・18〜60歳の人でかつ学生または身体障害者または病気等で仕事が出来ない人以外の人は扶養家族としては認められない様です。・年間130万円以上の収益が継続的にある人は扶養家族にはなれません。こうした収益のなかには遺族年金、疾病手...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
よく専業主婦の人がパートに出たとして103万円以上の年収になると損をすると言う様に言われている。それは扶養家族としている学生の子供に対しても同じ事が言えます。子供がバイトに熱を入れて働いて年収103万円以上稼ぐ様で有れば扶養家族から外れなければならないのです。扶養家族の範囲内で働いている場合は、扶養している人の所得税の額が減りますので優遇されているのです。配偶者の場合は配偶者控除、配偶者特別控除と言う制度が有りますので更にお得になるのですが、子供の場合も扶養控除が適用される。こうした控除がされている為に、夫の所得税や住民税が安くなっているのです。扶養家族のなかに子供がいる場合、0〜15歳であれ...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
青色専従者制度を上手に活用するかどうかは、その仕事をやってもらう内容と支払われる給料によって活用の仕方が変わってくるようです。青色専従者制度と扶養家族を活用したいのであれば是非覚えておいて欲しい事です。扶養家族で配偶者控除や扶養控除を活用している場合は、控除金額である38万円が基準となる。もし年間に支払う給料が38万円以下で有るならば、青色専従者制度を活用しないで配偶者控除や扶養控除を活用した方がお得と言う事になる。逆に38万円を超えるのであれば青色専従者制度を活用した方が控除額が増大ますのでお得と言う事になる。とはいえ一概に38万円を超えたら良いのかと言うとそう言う訳では有りません。もし健康...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
ご身内で有る配偶者の方が仕事をしている場合、扶養家族の範囲外である130万円を超えた年収を稼いでいるのであれば、正社員として働いているのであれば会社で加入している社会保険に、そうじゃないのであれば国民健康保険に加入する事になる。その配偶者の方が退職した場合、失業実態になりる。先ずは雇用保険の受給をする様になるとおもうのですが、その間は旦那様の扶養家族として、旦那様の健康保険に加入する事が出来なくなる。もし直ぐにでも扶養家族として認定されたいのであれば、雇用保険から出される失業給付の受給を受けない様に、働かない意志を評して退職証明証を提出する事で健康保険組合から扶養家族として認定される事が出来ま...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
扶養をする為の扶養家族には認定基準が設けられています。これは扶養する側の収益や扶養家族の年収、更に生計を同一にしているかどうか、親族かどうかと言う事が基準として問われています。同居していなければいけないと言う基準も有りますが、生計が一緒であれば別居でも扶養家族として認定する事が可能となっています。今までは扶養家族にすると健康保険の保険証が1世帯に1枚で届けられていた。その保険証のなかには身内全員の名前が書いてあって、病院に行く場合でも共有して使用しなければなりませんでした。こう言う場合、旅行に行った先で病院にかからなければならなくなった等、不便な事も多かったのですが、今は保険証自体がカード化さ...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
パートやアルバイトをしていると何処まで扶養家族として働けるのか気になる所ではないだろうか。サラリーマンの場合は給与収益と言う形で収益が得られる。その時にかかる税金は所得税と言う税金になる。その税金ですが扶養家族の人数によって控除額が変わってくるのです。扶養家族が多ければ多い程控除額が多くなって所得税自体が少なくなると言う事になるわけです。とは言う物の扶養家族である奥様やお子さん達がパートやアルバイトをしないとは限りませんよね。パートやアルバイトをすると扶養家族の方が収益を得る事になる。その収益が問題で、正社員じゃなければ良いとかそう言う話ではなく、稼ぐ収益がどれだけ有るかが問題になるのです。た...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
誰もが気になっている事だとおもうのですが、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、扶養家族から外れて働いた方が得なのか、どっちなのかと言う疑問を持った事はないだろうか。一概にどっちがお得だと言う事は言えませんが、確実に得なのは年収300万円とか400万円とか稼げるのであれば扶養家族としてではなくて外れた方がお得だとおもいます。とはいえ年収120万円とか150万円とか微妙なラインだとしたらどうだろうか。扶養家族として控除が受けられるのは年収130万円以内となる。120万円は扶養家族として、150万円は扶養家族から外れた形で申告する事になる。パッと見ると扶養家族から外れて150万円稼いだ方が年間30万円...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
国民健康保険や社会保険は必ず支払わなければならない物ですよね。社会保険料にかんしては会社勤めをしていると給料から天引きされますので自動的に支払う事になりますが、国民健康保険にかんしては自営業の方が多いので、基本的には払いますが、払いが滞る人も多い様です。もし自営業の方で扶養家族がいる場合でも扶養家族がいない場合でも、払う事が出来なくなったらどうすればいいのだろうか。国民健康保険にかんしてですが、一定事情がある場合は保険料の納付が免除されたり減額されたりする場合が有る様です。その事由には病気、解雇、倒産、失業等が挙げられますが。この事由は自治体ごとにちがいますので聞いてみると良いだろう。どうにも...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
個人事業をしている方によく有る事だとおもいますが、扶養家族として認定している奥様やお子さんを自分の仕事の手伝いをさせて給料を支払っていると言う事をしている人はたくさんいる事だろう。給料を支払うと言う事はその扶養家族を青色従事者にすると言う事にもなる。そうした場合、どういうメリットが有るのかご紹介してみましょう。青色申告をする場合、個人事業として行っている仕事に身内が伴に働いた場合は、その働いた分のお給料を経費として全額申告する事が可能となっています。ですから扶養家族の方でも充分に働く事が出来るのです。経費として全額認められるのであれば無謀な金額が申告される可能性も否定出来ませんが、他の業者に頼...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
旦那さんの扶養家族になると色んな面でお得な部分が有りる。例えば年金や所得税、健康保険、配偶者控除等いろいろな面で優遇されています。これが扶養者制度になっています。ただこの制度、1年1年時代の流れなのか内容が変わる事も有りますので一概にこれが明確とは言えませんが、基本的な内容やメリットをご紹介してみたいとおもいます。よく求人誌を見ていると「扶養の範囲内で働く事が出来ます。」と言う謳い文句を出している会社が有りる。これは健康保険における扶養家族の範囲内の年収(130万円未満)または、配偶者控除が適用される年収(130万円未満)と言う意味で提示されている言葉になる。この範囲内で働く事によって多様な控...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
妻が扶養家族の場合でも働くと言う事は多いに考えられる。それが自営業をしている人の妻でも、サラリーマンの妻でも扶養範囲外と言う事になればそれなりの時間、仕事をしなくてはならなくなる。そうなると家事や育児と仕事の両立はかなり難しくなると思って良いだろう。この時サラリーマンの妻であるならば100万〜150万円位で働くのであれば損をする可能性が出てきますので扶養の範囲内で働いた方が良いとおもいます。自営業の妻で有ればその辺は大丈夫だとおもいます。もしも可能なのであれば扶養家族の範囲外で働く場合は正社員で有るのが一番良いかもしれません。正社員として働けるならば社会保険や厚生年金に入る事が出来ます。これが...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
離婚した場合、悲しみに嘆いているばかりではいられません。離婚後にかんする手続きをたくさんしなければなりません。例えばお子様がいるならば「母子手当」や「児童手当」、お子様や元配偶者様の「扶養家族が増減した事の申請」、「寡婦控除」「扶養手当」等です。この「扶養家族」について説明してみたいとおもいます。先ずは「扶養」とは、生活費を出して生活にかんする面倒をみると言う事を指している。扶養のなかには「税金」「社会保険」この2つが扶養のなかに考慮される様になっています。扶養家族になっている事で、税金面においては所得から一定額が控除される。その為に税金が他の人より安くなる。また社会保険において扶養する場合は...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
一家の大黒柱として扶養家族を持つ事は充分に考えられる。では扶養家族として申請しなければならない場合をいくつか挙げてみたいとおもいますので参考にしてみて下さい。【別居中の配偶者の父母を扶養家族へ】基本的に配偶者の父母を扶養家族にする場合は同居している事実が必要になる。とはいえ別居していても扶養家族に出来る場合がある。それは扶養する人が別居している配偶者の父母へ仕送りをしていてそのお金で生計を立てている場合です。この場合は扶養家族として申請する事が出来ます。【個人事業主が扶養家族へ】個人事業主として働いている場合、確定申告の際に青色申告をしている人もいるとおもいます。そう言う人は一般扶養家族として...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
いろいろな場合が扶養家族になる為の場合としてある。どういう場合が有るのかいくつか挙げてみますので参考にしてみて下さい。【結婚退職】仕事をしている女性と結婚した場合に、女性が結婚の為に退職して専業主婦になる場合が多々ある。こうした場合、結婚した夫の扶養家族として申請する事が出来ます。結婚退職をした場合、まだ働く意志があるとみなされると雇用保険が受給される。その需給が終わったら夫が加入している健康保険組合に申請して扶養家族に認定される様にする。認定までは多少時間がかかる為に、その間は少しの期間でも国民健康保険への加入となる。【扶養家族から扶養家族へ】この場合は結婚をする時に起こる可能性が有るのです...
2014/05/02 11:03:02 | 扶養家族の税金健康保険
いろいろな控除にかんしてですが毎年何かしら変わっている所も有りますので、税金等の申告をする際には控除にかんして何か変わってないか確認する必要がある。その1つが配偶者特別控除にかんしてです。配偶者特別控除は扶養家族としての配偶者に割り振られた控除になる。平成16年度以後、配偶者特別控除と配偶者控除を二重に適用する事が出来なくなった。扶養家族の配偶者控除はどちらか1つしか適用する事が出来ない様になったのです。今までは103万円未満の収益しかなかった配偶者の人は、配偶者控除と配偶者特別控除で最大76万円の控除が適用されていましたが、この改正からは103万円以下の人は配偶者控除の38万円しか控除されな...