税金は還付知らないでソンしてる!

税金は還付知らないでソンしてる!

 

 

税金の還付の利用について考えてみます。

 

還付の手続きを怠ってみすみす税金を払いすぎてはいないでしょうか?税金の還付に関する知識を身に付けることは、税金を納めることは国民の義務ですが節約術の1つのアイデアです。

 

ちょっとした制度の利用で、何万円もの税金の支払いを節約することが可能です。知っておくことでそれらの金額がもどるのです。

 

家族が退職した場合や意外と忘れやすいのは一緒に暮らしていた扶養家族が学生などで国民年金保険料を払っている場合です。

 

せっかくある制度の、その控除申請を忘れる可能性があります。会社勤めの人は年末調整で税金の手続きができるため案外忘れていることもあります。

 

国民年金を支払うようになった場合、今まで仕事をしていた人が扶養家族となり社会保険料の控除申請も忘れずに行いましょう。

 

支払った社会保険料×10%の住民税が節約できます。支払った社会保険料×所得税率の所得税という計算です。

 

平成21年度の国民年金保険料は月額14,460円です。口座振替による前納の年間納付額は172,230円と月払いにするより支払額が3,690円お得になります。この年間納付額で計算してみましょう。

 

1人分所得税8,600円所得税率の一番低い5%であった場合で住民税17,200円節約することができます。また医療費控除も活用しましょう。

 

年間所得額×5%医療費控除はもしくは10万円いずれか低い方の額を年間医療費から引いた額が控除されます。年間所得額x5%の額が10万円未満の場合は医療費が10万円未満であっても控除が可能です。一般には10万円以上の医療費ならば医療費控除が受けられることが知られています。

 

レシートは捨てずに保管しておいてください。薬局やドラッグストアなどで販売されている医薬品も控除の対象だからです。

 

税金の還付申告を忘れないことはこのように節約術の大きなアイデアの1つです。還付は生活の負担の軽減してくれます。きちんと利用して節約術を行ってください。