市民農園で半自給

市民農園で半自給

 

 

市民農園の利用で節約を考えてみます。

 

生活費で大きな比重を占めるのは食費です。そこで、市民農園の利用があります。その食費の節約術の1つのアイデアとしては、労力はかかりますが、楽しみもあります。

 

住民が自家用の野菜作り市民農園とは一般に小面積の農地を借りて利用して花の栽培を行ったり学校の体験学習や高齢者の生きがい作り事業などを行っています。

 

市民農園は遊休農地の活用という目的という一面も持っています。農業人口が減少しており農地が利用されずん荒れていることがあります。

 

年間5000円未満が約5割利用料金は市民農園によって異なりますが5000円以上1万円未満が約3割無料が約1割です。

 

2〜3年未満が約2割です。使用期間は2年未満が約6割、市民農園の数は3,273です。平成20年3月末現在です。

 

このうち地方公共団体の市民農園の数は約7割です。一般的な日帰り型の農園とクラインガルデンと呼ばれる滞在型の市民農園があります。市民農園はいろいろあります。

 

クラインガルデンには休憩小屋(ラウベ)などがついています。農業体験農園と呼ばれています。農家などの農園主から指導を受けながら栽培を行うものは
指導を仰ぎながら栽培したいのかを考えて農園を選ぶように心がけましょう。
自分で栽培管理を行いたいのか、そして雑草を放っておかないよう管理も大切です。

 

農園の他の区画者や近隣住民への迷惑となります。雑草や虫の発生はこまめに管理する必要があります。

 

自然と触れ合うことができてルールを守り生活費の節約術にもつながる市民農園を上手に利用してみましょう。

 

市民農園の利用は食育を体験させるアイデアとしても活用できます。子ども達や家族と一緒に楽しんで野菜や花を育てましょう。