案外損損!生命保険を見直そう!

案外損損!生命保険を見直そう!

 

 

エネルギー意外にも生命保険の見直しということがあります。直接的な金銭的節約です。

 

人の生涯で住宅に次いで高価な買い物は、生命保険などの保険類と言われています。

 

一方で毎月数万円生命保険はいざという時に生活を助けてくれる商品だと思われているのですが、家庭によっては、家計に負担をかかてしまって、それ以上の保険をかけています。

 

こういうことは本末転倒です。年間の保険料が高額で生活に支障を起こすようでは困るわけです。

 

生命保険を見直しで必要額の保障を考えることも節約術の1つのアイデアです。

 

家族の有無やライフスタイルによって1人1人違います。どのような保障が必要なのかは人それぞれの状況で違います。

 

次のような人は、保障は退職までの期間で良いことになります。退職金や預貯金によって退職後の生活が大丈夫だという人などがそうです。

 

万が一の場合世帯主であれば残された家族のことを考え必要なお金から遺族年金などの入ってくるお金を差し引き、どうしても足りない分の保障を保険で準備しておく必要があります。

 

公的な医療保険には高額療養費制度があるので、病気やケガなどの場合必要な保障額は実質の医療費の自己負担額+食事代や差額ベッド代先進医療の治療費入院に関する雑費などなどとなります。

 

医療費がかかってくる反面高齢者に関しては公的補助も手厚くなります。生活費の節約術を行うことができるのです。必要以上に生命保険をかけすぎないことで経費の節減をおこなうことが出来るのです。

 

年金の不足を補うための年金保険は不足する額が必要です。公的な介護保険利用時の1割の自己負担分+施設での食事代などの自己負担分や有料老人ホームの入居一時金などを考えて介護保険を選ぶ場合にはどの程度カバーするかを考えての準備が必要です。

 

勧められるまま保険契約をしないで様々な生命保険がありますので上手に利用することが保険の掛け金を高額にしないアイデアなのです。