統一省エネラベルってなあに?

統一省エネラベルってなあに?

 

 

統一省エネラベルというものがあります。これは、年間目安電気料金などを組み合わせた統一省エネラベルが表示されています。

 

エアコン・電気冷蔵庫・テレビには省エネラベルに多段階評価、省エネ性能を5等級の星によって表示するものです。多段階評価とは、製品・区分によって星の表示方法が変わります。

 

電気冷蔵庫の場合たとえば星1つは省エネ基準達成率70%未満2つは70%以上80%未満3つは80%以上90%未満4つは90%以上100%未満5つは100%以上となります。

 

省エネルギーが実感できるように年間の目安電気料金・燃料使用量(ガス・石油)の表示制度が導入されまた統一省エネラベルに表記されています。

 

1kWhあたり税込み22円で計算されています。ノンフロン電気冷蔵庫にはノンフロンマークも表示されています。

 

光熱費の節約術のアイデアではありません。省エネ機能にすぐれた製品を選ぶことだけが、節約術というわけでは無いということです。

 

ついぎのようなことで、さらに電気代を節約できるのです。使い方次第でいろいろあります。

 

室温温度を夏は28度以上・冬は20度以下にするエアコンの場合フィルターのこまめな掃除室外機の周りに物を置かないタイマーなどでこまめにスイッチを切る長期間使わない場合にコンセントを抜くなどを行い電気代節約と省エネルギーが実践できます。

 

ドアのパッキンの痛みに注意する冷蔵庫は設定温度の調節・詰め込みすぎない・ドアの開閉を短時間にする熱いものを入れない庫内を掃除して出し入れをしやすくするなどの工夫で節約術を節減しましょう。

 

このようなことが、節約術には必要なことなのです。アイデアをさらに活かす工夫も必要ですね。