強み足!電動アシスト自転車

強み足!電動アシスト自転車

 

 

 

節約術のアイデアとして電動アシスト自転車による交通費の削減があります。

 

地球環境や人の健康に良いという理由で、自転車の活用が増えています。100年に1度と言われる不況によりガソリンを使う自動車利用をやめたりする傾向がおきています。

 

そこで、自転車のなかでも、坂道を楽に登ることができる電気の助けをかりた、電動アシスト自転車への注目が高まっています。

 

この自転車ブームの中で、1993年にヤマハ発動機が発売を開始しました。電動アシスト自転車は、人力と動力の割合は、当初、最大1対1でした。

 

法律の道路交通法により縛りがありましたが、これも、2008年の道路交通法改正により、人力と動力の割合は最大1対2と緩和されることになりました。

 

電動アシスト自転車は、価格の高いものはリチウム電池が使用されています。電動アシスト自転車の使う、電池は価格の安いものはニッケル電池が使用されていますが、自転車に乗りながらその余力を充電のできるタイプの電動アシスト自転車も販売されています。

 

電動アシスト自転車は、電動のハイブリッド自転車だとも言われています。簡易的なオートバイのような、人力の必要のない電動自転車も販売されています。しかし、このタイプは原動機付き自転車となるのでナンバープレートやヘルメットの着用が必要です。法律上はオートバイに準じたものになっているようです。この点が、注意が必要です。電動アシスト自転車の扱いにはならないのです。

 

環境にやさしく人間の健康にもよく、機動力もある電動アシスト自転車を積極的に導入する企業も増えています。環境への配慮ができるというのが、企業イメージをアップすることにもなります。

 

そういったわけで、自転車通勤に切り替える人も増えました。健康や経費削減のためにもいいことだと思います。

 

電動アシスト自転車利用は効果の大きい対策と言えるでしょう。節約術のアイデアの1つとしてこれから注目される分野です。

 

自然の風を感じるサイクリングをぜひ楽しんでください。自転車による事故に注意して、これから通勤通学の脚となることでしょう。