PB商品活用術

PB商品活用術

 

 

日常生活で持っも重要なものは、食品です。人間だれしも食べなければ生きていけません。

 

重要な位置を占める食費ですが、生活費の節約術においては、PB(プライベートブランド)商品です。

 

この食費の節約術で注目されているのが、卸業者や小売業者が自社で企画・開発を行う独自ブランドです。

 

PB商品は、パスタパンカップラーメンなど様々なPB商品が現在流通しています。卸を通して小売業者に流通させる個別のブランド商品はこれに対してメーカーが生産し、NB(ナショナルブランド)商品と呼ばれます。

 

大手スーパーは安く標品を提供出来るPB商品開発に力を入れています。メーカーと直接交渉してコストを極限まで安く抑えることができます。商品の製造はメーカーに委託して、流通の過程で、卸などの中間流通をはぶくことができる他、抱え込んだ消費者のニーズを満たすものにすれば、宣伝広告費も抑えることができるのです。また消費者に価格を抑えた商品を提供できます。

 

これらは、1割〜4割程度安い価格となっています。NB商品に比べると格段の差です。景気悪化や原料高騰による物価高に伴って売り上げが伸びています。

 

PB商品がこのように、消費者にとっては、安価で購入できるため、スーパーだけではなく現在はコンビニでもPB商品を扱うようになりました。

 

PB商品は食料品だけにはとどまらずまた洗剤などの生活日用品やランドセルなどの季節商品などへもPB商品も販売されています。

 

セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」イオングループの「トップバリュ」ローソングループの「バリューライン」などが知名度が高いPB商品です。

 

これらは、節約術とともに営業戦略のアイデアの1つにもなっています。品質を下げることなく低価格を実現しているPB商品を選ぶことは、消費者にとっっても受け入れられることですし、節約術のアイデアでも非常に優れたものとなっています。