制度活用で太陽光発電

制度活用で太陽光発電

 

 

節約術での太陽光発電の補助金制度の役割について考えます。

 

省エネリフォームのアイデアの1つとして環境にやさしい、太陽光発電利用があります。環境に優しく光熱費を抑えることのできるシステムです。太陽光発電は、無尽蔵にある太陽の光を元にしていますので、エネルギーじたいの原価がかかりません。

 

この太陽光発電設置に対しての政府からの補助金制度は2005年度に打ち切られていました。

 

しかし、環境に対する意識の高まりや、2008年の政府の環境にやさしい低炭素社会づくり行動計画において、太陽光発電の導入量大幅拡大を掲げたことなどにより見直され、国の2008年度補正予算で2009年1月から、政府の補助金制度が復活しました。

 

一般の住宅用太陽光発電導入に対する補助金は、太陽電池のモジュール最大出力1kWあたり7万円です。

 

約9万件の助成が見込まれており、いままでは、過去最高の設置台数になると予測されています。2009年度には、このうち数十万円が政府の環境対策から、補助を受けることができます。

 

一戸建ての太陽光発電システムの価格は230万円くらいで、都道府県での補助金制度も始まっています。国の太陽光発電への補助金以外にもこのような取り組みが在るのです。

 

条件によっては、両方の補助を受けられない場合があるので、地元の都道府県の補助金と国の補助金は同時の利用が可能な場合と利用を考えている場合には下調べが必要となります。

 

さらに市町村など150もの地方自治体も補助金制度を用意しています。このような補助制度を上手に利用して必要経費を抑えましょう。

 

太陽光発電によって光熱費の節約術を考えるだけでなく、太陽光発電での利用で、発電した電気を買い取ってもらうことも可能です。

 

環境にも優しい生活を送ることを心がけてみましょう。様々なアイデアを駆使して節約術に努め