結局安いぞ!電球形蛍光ランプ!

結局安いぞ!電球形蛍光ランプ!

 

 

節約術での電球形蛍光ランプを取り上げます。

 

白熱電球と同じ明るさ・形状で今までより光熱費が安くなる電球形蛍光ランプが注目されています。

 

現在、100Wなど電球や蛍光灯にはW(ワット)数が表示されています。60Wというと、これは明るさの単位ではなくこのWをワットそのものが、明るさのことだと思っている人が多いかもしれませんが、これは、電気の消費量のことです。

 

白熱電球の使用に比べてそのため同じ明るさでワット数の少ない、より電力消費量の少ない電球形蛍光ランプを使用した方が光熱費の節約となります。

 

従来100Wの明るさの物が100形と表示され、白熱電球自体も省エネルギーが進み実際の電気商品量は100Wよりも少なくなっています。

 

最近の、電球型蛍光ランプこれよりも、さらに省エネになります。しかし、60形54Wの白熱電球は、例えば12〜13Wの電球形蛍光ランプと同じ明るさです。

 

電球形蛍光ランプの電気代は1/4以下ですので、この場合、電球の平均寿命は約6倍になる計算です。

 

特に長時間点灯する場合には、ランプの購入金額と電気代の経費を含めた金額は白熱電球使用よりも安くなります。

 

現在の電球形蛍光ランプの販売価格は、白熱電球の値段よりも高価ですが、交換の回数が少なくなって取り替える手間も減らすことができますし、そして、結果的には、長期的にみて、電気代を節約できる電球形蛍光ランプの利用は光熱費の節約術となります。

 

白熱電球の温かみを残したいろいろな製品が開発されています。このように光熱費をどのように削減していくかのアイデアは節約術にとって大切です。

 

エネルギー消費効率の高い照明器具の選択も大切なことだと言うことです。光熱費の削減は電球形蛍光ランプの利用だけでなく、良いアイデアをどんどん取り入れて光熱費の削減に取り入れてください。