節約術と地球環境は密接だ!

節約術と地球環境は密接だ!

 

 

 

世界経済は、不況のなかにあり、地球環境の悪化も加えて、これからの課題のひとつに経費の節減を考えていきたいと思います。

 

アメリカのサブ・プライムローン問題やリーマン・ショックなどを契機に世界同時不況は世界経済に深刻な影響を与えています。

 

企業にとっても、個人にとっても、この不況の波は日本の行政や、個人の生活にもにも及んでいます。

 

この経済不況の中で生活を送っていくために様々な節約術を必要としています。私達は、単に節約の意味合いだけではなく、これからの生活も見つめ直すためには、節約術は物やサービスの本質を考えて利用するという本来の意味での消費を目指すことにつながります。

 

入っていくものを減らすという事と同意時に、出ていっくものとしての節約術、そして、それだけでなくゴミを減らして環境への影響を少なくします。

 

本当に必要なものを大切に使うことは、気候変動や、地球温暖化防止効果を生み出ている、環境への負荷を減らすことが大切です。環境への影響を少なくすることは、世界全体で温暖化防止のために省エネルギー対策を実施しなければならないと言うことです。

 

現在、国全体の節約術のアイデアは節約のためだけには留まらないのです。大量生産・大量消費によって世界経済は発展してきました。

 

産業革命以降の発展は目覚しいものがありました。化石燃料である石油や天然ガスなどを大量に消費することによって私達の生活は便利で豊かなものになりました。

 

そのつけが現在現れている環境破壊・地球温暖化という状態を生み出しました。しかし、これらの環境破壊で、気候変動など地球規模的に環境に大きなダメージが発生しています。大気汚染や森林破壊を食い止めて、地球の生命や環境の持続可能な社会作りのためにも地球の環境を守るためにも、節約術にもなるアイデアを募り実行していくことが大切です。

 

環境を考えた生活というものを見つめなおし不況の世の中を乗り切るためだけでなく日々過ごしていくことが求められる時代なのです。