配偶者特別控除の縮小

配偶者特別控除の縮小

いろいろな控除にかんしてですが毎年何かしら変わっている所も有りますので、税金等の申告をする際には控除にかんして何か変わってないか確認する必要がある。

 

その1つが配偶者特別控除にかんしてです。

 

配偶者特別控除は扶養家族としての配偶者に割り振られた控除になる。

 

平成16年度以後、配偶者特別控除と配偶者控除を二重に適用する事が出来なくなった。

 

扶養家族の配偶者控除はどちらか1つしか適用する事が出来ない様になったのです。

 

 

今までは103万円未満の収益しかなかった配偶者の人は、配偶者控除と配偶者特別控除で最大76万円の控除が適用されていましたが、この改正からは103万円以下の人は配偶者控除の38万円しか控除されない事になりますので今までの控除額の半分になってしまった事になる。

 

実質配偶者特別控除が無くなったと言っても良いのかもしれませんね。

 

とはいえ、配偶者の年収が103万円〜141万円の方は今までと何も変わらず最大控除額の38万円が収益に応じて少なくなっていきますので覚えておきましょう。

 

これが配偶者特別控除と言う事になる。

 

但し、この配偶者控除や配偶者特別控除については扶養する人の所得金額が1000万円以下の場合だけに適用される物になりますので高額所得者にはがい当しないと言う事になる。

 

こうした縮小によって色々家計にダメージが加わる様にもなりますので、注意して下さい。

 

またサラリーマンの場合はこうした内容が分からなくても、会社が一括で行ってくれるので心配する事は無いだろう。