扶養家族になる場合

扶養家族になる場合

いろいろな場合が扶養家族になる為の場合としてある。

 

どういう場合が有るのかいくつか挙げてみますので参考にしてみて下さい。

 

 

【結婚退職】
仕事をしている女性と結婚した場合に、女性が結婚の為に退職して専業主婦になる場合が多々ある。

 

こうした場合、結婚した夫の扶養家族として申請する事が出来ます。

 

結婚退職をした場合、まだ働く意志があるとみなされると雇用保険が受給される。

 

その需給が終わったら夫が加入している健康保険組合に申請して扶養家族に認定される様にする。

 

認定までは多少時間がかかる為に、その間は少しの期間でも国民健康保険への加入となる。

 

 

【扶養家族から扶養家族へ】
この場合は結婚をする時に起こる可能性が有るのですが、結婚をする女性が働いておらず、ご父母の扶養家族として認定されている場合、結婚後は夫側の扶養家族として認定させる必要がある。

 

この様に扶養家族から扶養家族に代わる場合は、今使っている保険証のコピー、結婚前の健康保険資格の喪失証明証等を持参して夫側の健康保険組合に申請する。

 

この場合は即時扶養家族としての認定を受ける事が出来ます。

 

 

【自分の父母を扶養家族へ】
父母の年収、生計、年齢等、あるある程度の規定をクリアした場合に限り、自分の父母を扶養家族として認定して貰える事が出来ます。

 

 

【配偶者の父母を扶養家族へ】
この場合の場合、要素として配偶者の父母と同居していなければなりません。

 

その確認の為に住民票を提出する必要がある。