離婚した際に行なう扶養家族の手続き

離婚した際に行なう扶養家族の手続き

離婚した場合、悲しみに嘆いているばかりではいられません。

 

離婚後にかんする手続きをたくさんしなければなりません。

 

例えばお子様がいるならば「母子手当」や「児童手当」、お子様や元配偶者様の「扶養家族が増減した事の申請」、「寡婦控除」「扶養手当」等です。

 

この「扶養家族」について説明してみたいとおもいます。

 

先ずは「扶養」とは、生活費を出して生活にかんする面倒をみると言う事を指している。

 

扶養のなかには「税金」「社会保険」この2つが扶養のなかに考慮される様になっています。

 

 

扶養家族になっている事で、税金面においては所得から一定額が控除される。

 

その為に税金が他の人より安くなる。

 

また社会保険において扶養する場合は扶養家族の方の社会保険料が実質0円となっています。

 

このメリットを受ける為には扶養家族になる為の要素をクリアしなければなりません。

 

税金面においては年収103万円以下、社会保険においては年収130万円以下となる。

 

 

離婚をした女性の場合、お子様を連れて離婚される方も多いとおもいます。

 

元々旦那さんの扶養家族として暮らしていた女性の場合、今度は旦那さんの扶養家族からは外れて、自分がお子様を扶養家族として入れなければならなくなるのです。

 

ただ、扶養家族に元々入っていたのであれば収益が少ない人も多いだろう。

 

そうした方は自分の父母の扶養家族として手続きすると良いかもしれませんね。

 

ただし、元旦那さんがお子様の扶養解除手続きをしないと新たな扶養家族申請が出来ませんので注意しよう。