扶養家族の範囲を超えて働く場合

扶養家族の範囲を超えて働く場合

妻が扶養家族の場合でも働くと言う事は多いに考えられる。

 

それが自営業をしている人の妻でも、サラリーマンの妻でも扶養範囲外と言う事になればそれなりの時間、仕事をしなくてはならなくなる。

 

そうなると家事や育児と仕事の両立はかなり難しくなると思って良いだろう。

 

この時サラリーマンの妻であるならば100万〜150万円位で働くのであれば損をする可能性が出てきますので扶養の範囲内で働いた方が良いとおもいます。

 

自営業の妻で有ればその辺は大丈夫だとおもいます。

 

 

もしも可能なのであれば扶養家族の範囲外で働く場合は正社員で有るのが一番良いかもしれません。

 

正社員として働けるならば社会保険や厚生年金に入る事が出来ます。

 

これが一番のメリットかもしれません。

 

こうした保険料はお給料の額で変わってきますので一概に言えませんが、お給料が上がれば年金額も上がりますが、将来受け取る額も増大る事になる。

 

ただし、こうした税金等はお給料から天引きされていますので敢えて負担に感じる事は無いとおもいます。

 

厚生年金は国民年金の上乗せ年金として将来の年金額が増大ます。

 

これは凄く大きいメリットですよね。

 

国民年金での年金額はかなり少ないです。

 

それで夫婦共に国民年金だとかなり将来的にギリギリの事が考えられる。

 

それを回避出来るのであれば是非加入しておきたいものです。

 

 

扶養範囲外で働くのであれば正社員の方がお得と言う事になる。

 

但し、扶養家族から外した夫側の税金は控除類が無くなるので増大る事になる。

 

その分を差し引いてもプラスになる様な働き方をすれば問題ないとおもうのです。