扶養家族のメリットとは

扶養家族のメリットとは

旦那さんの扶養家族になると色んな面でお得な部分が有りる。

 

例えば年金や所得税、健康保険、配偶者控除等いろいろな面で優遇されています。

 

これが扶養者制度になっています。

 

ただこの制度、1年1年時代の流れなのか内容が変わる事も有りますので一概にこれが明確とは言えませんが、基本的な内容やメリットをご紹介してみたいとおもいます。

 

 

よく求人誌を見ていると「扶養の範囲内で働く事が出来ます。

 

」と言う謳い文句を出している会社が有りる。

 

これは健康保険における扶養家族の範囲内の年収(130万円未満)または、配偶者控除が適用される年収(130万円未満)と言う意味で提示されている言葉になる。

 

この範囲内で働く事によって多様な控除を受ける事が出来るのです。

 

 

では扶養家族になるとどんなメリットが有るのだろうか。

 

先ずは扶養家族になると夫が加入している健康保険の被扶養者として扱われる事になる。

 

つまり自分で保険料を支払わなくても健康保険を使う事が出来るのです。

 

負担額は国民健康保険と同じ様に3割負担が一般らしいですが、健康保険料を払ってないのに使えると言う事は大きなメリットであるとおもいます。

 

また夫が厚生年金を支払っている場合、扶養家族であるならば国民年金を実際に払ってないけど払ったのと同じ扱いになる。

 

また第三被保険者と言う扱いになって優遇されますのでだいぶお得と言う事になる。

 

こうしたお得なメリットがあるので、130万円前後でアルバイトやパートをする位ならば扶養範囲内で働いた方がずっとお得と言う事になるのです。