扶養家族と青色専従者について

扶養家族と青色専従者について

個人事業をしている方によく有る事だとおもいますが、扶養家族として認定している奥様やお子さんを自分の仕事の手伝いをさせて給料を支払っていると言う事をしている人はたくさんいる事だろう。

 

給料を支払うと言う事はその扶養家族を青色従事者にすると言う事にもなる。

 

そうした場合、どういうメリットが有るのかご紹介してみましょう。

 

 

青色申告をする場合、個人事業として行っている仕事に身内が伴に働いた場合は、その働いた分のお給料を経費として全額申告する事が可能となっています。

 

ですから扶養家族の方でも充分に働く事が出来るのです。

 

経費として全額認められるのであれば無謀な金額が申告される可能性も否定出来ませんが、他の業者に頼んだ場合と同等位の金額と言う基準が有りますので、あまり無謀な金額は申告しないで下さい。

 

でも給料を全額経費として申告する事は全ての面においてメリットだけではないのです。

 

 

では、青色専従者になった場合の注意点には何が有るのかと言うと、青色専従者にした時点で収益の大小に関わらず扶養家族から外れてしまう事になりますので、扶養家族の特典である配偶者控除や扶養控除は受けられなくなりますので注意が必要です。

 

又、ある一定額以上の給料になると源泉徴収をしなければならなくなりませんので、納税の義務が発生する可能性も出てくる。

 

扶養家族から外れると言う事は国民健康保険や国民年金も支払わなければならなくなりますので注意して下さいね。