国民健康保険料の免除について

国民健康保険料の免除について

国民健康保険や社会保険は必ず支払わなければならない物ですよね。

 

社会保険料にかんしては会社勤めをしていると給料から天引きされますので自動的に支払う事になりますが、国民健康保険にかんしては自営業の方が多いので、基本的には払いますが、払いが滞る人も多い様です。

 

もし自営業の方で扶養家族がいる場合でも扶養家族がいない場合でも、払う事が出来なくなったらどうすればいいのだろうか。

 

 

国民健康保険にかんしてですが、一定事情がある場合は保険料の納付が免除されたり減額されたりする場合が有る様です。

 

その事由には病気、解雇、倒産、失業等が挙げられますが。

 

この事由は自治体ごとにちがいますので聞いてみると良いだろう。

 

どうにもならない事情から収益が極端に減ってしまった場合、家計は国民健康保険料の納付何処ろじゃなくなりる。

 

そうした場合に自治体に申し出る事で、免除またが減額される場合が有る様です。

 

ですが直ぐにその申請も認められない事も有って、今の生活状況や資産の所有状況等を聴かれる場合も有るようですので、ある程度は私生活をさらけ出さなくてはならないのは覚悟しなければなりませんね。

 

 

こうした免除や減額までの基準は自治体によってちがいますが、基本的な基準は決められていますので大巾に変わる事は無いとおもいます。

 

それによって扶養家族への影響も変わってくるかもしれませんので扶養家族がいる方は特に放っておかずに調べてみると良いかもしれません。