扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか

扶養家族として範囲内で働いた方が得するのか

誰もが気になっている事だとおもうのですが、扶養の範囲内で働いた方が得なのか、扶養家族から外れて働いた方が得なのか、どっちなのかと言う疑問を持った事はないだろうか。

 

一概にどっちがお得だと言う事は言えませんが、確実に得なのは年収300万円とか400万円とか稼げるのであれば扶養家族としてではなくて外れた方がお得だとおもいます。

 

とはいえ年収120万円とか150万円とか微妙なラインだとしたらどうだろうか。

 

 

扶養家族として控除が受けられるのは年収130万円以内となる。

 

120万円は扶養家族として、150万円は扶養家族から外れた形で申告する事になる。

 

パッと見ると扶養家族から外れて150万円稼いだ方が年間30万円も得なんじゃないのと思ってしまいますが、実際は扶養家族として働いた120万円の方がお得になるらしいのです。

 

これは配偶者控除や扶養控除、所得税や健康保険の絡みで年間を通してみると扶養範囲内で働いた方がお得と言う事になるからです。

 

とはいえ長期的に見るとやっぱり年収150万円の方がお得かもしれないと言う考え方もある。

 

年収150万円になると扶養家族としては扱われません。

 

個人として扱われますので自分で健康保険や年金保険に加入する事になる。

 

もしサラリーマンとして社会保険や厚生年金保険に加入出来るとしたら将来的に受け取る年金額を考えたら扶養範囲外で働いた方が断然お得と言う事になる。

 

どちらが良いかはその人の考え方次第だとはおもいますが、個々の環境に応じて状況も変わってくるとおもいますので、一度調べてみると良いかもしれませんね。