扶養家族で働く場合

扶養家族で働く場合

パートやアルバイトをしていると何処まで扶養家族として働けるのか気になる所ではないだろうか。

 

サラリーマンの場合は給与収益と言う形で収益が得られる。

 

その時にかかる税金は所得税と言う税金になる。

 

その税金ですが扶養家族の人数によって控除額が変わってくるのです。

 

扶養家族が多ければ多い程控除額が多くなって所得税自体が少なくなると言う事になるわけです。

 

 

とは言う物の扶養家族である奥様やお子さん達がパートやアルバイトをしないとは限りませんよね。

 

パートやアルバイトをすると扶養家族の方が収益を得る事になる。

 

その収益が問題で、正社員じゃなければ良いとかそう言う話ではなく、稼ぐ収益がどれだけ有るかが問題になるのです。

 

たくさん稼いだ場合には扶養家族として扱われなくなると言う自体にもなりかねないのです。

 

パートやアルバイトをしている方、これには在宅ワークも含みますが、そう言う方で扶養家族内で働きたいと言う場合は、所得を年間38万円以下にしなければなりません。

 

これは収益が38万円と言う事では有りません。

 

収益にしてみると103万円までならば所得を38万円としてみなしますので、この金額内で有れば扶養家族内で働けるのです。

 

この所得と収益が皆さん錯覚しやすい所ですが、給与所得控除と言う控除が有り、給与所得している方の場合は65万円が控除される。

 

残り38万円が扶養控除としての枠になりますので103万円までは収益として認められると言う事になる。

 

 

万が一働き過ぎた場合は扶養家族から外れなければなりません。

 

どちらがお得かどうかはそのご家庭の事情により変わってきますので何とも言えませんが、超えそうな人は比較してみると良いかもしれませんね。