保険証のカード化

保険証のカード化

扶養をする為の扶養家族には認定基準が設けられています。

 

これは扶養する側の収益や扶養家族の年収、更に生計を同一にしているかどうか、親族かどうかと言う事が基準として問われています。

 

同居していなければいけないと言う基準も有りますが、生計が一緒であれば別居でも扶養家族として認定する事が可能となっています。

 

 

今までは扶養家族にすると健康保険の保険証が1世帯に1枚で届けられていた。

 

その保険証のなかには身内全員の名前が書いてあって、病院に行く場合でも共有して使用しなければなりませんでした。

 

こう言う場合、旅行に行った先で病院にかからなければならなくなった等、不便な事も多かったのですが、今は保険証自体がカード化されましたので、本人に1枚、扶養家族にも個々1枚保険証が交付される様になりましたので、こうした不便な事も解消された様です。

 

とはいえ保険証のカード化はつい最近の事で、まだ保険証になっている地域も有りますが、順次カード化になっていますので徐々に不便さは解消されてくるとおもいます。

 

もちろん扶養家族となっていない人は1枚自分のカードを持っているはずですので心配する事は有りません。

 

扶養家族になると健康保険料を支払わなくても保険証を使う事が出来ます。

 

扶養家族にする事でいろいろなメリットが出てくるのです。

 

その為にも申請をする必要が有りますし、収益等も真実を言わなくてはなりませんので虚偽しない様に注意して下さい。