配偶者が健康保険に加入する場合

配偶者が健康保険に加入する場合

ご身内で有る配偶者の方が仕事をしている場合、扶養家族の範囲外である130万円を超えた年収を稼いでいるのであれば、正社員として働いているのであれば会社で加入している社会保険に、そうじゃないのであれば国民健康保険に加入する事になる。

 

その配偶者の方が退職した場合、失業実態になりる。

 

先ずは雇用保険の受給をする様になるとおもうのですが、その間は旦那様の扶養家族として、旦那様の健康保険に加入する事が出来なくなる。

 

もし直ぐにでも扶養家族として認定されたいのであれば、雇用保険から出される失業給付の受給を受けない様に、働かない意志を評して退職証明証を提出する事で健康保険組合から扶養家族として認定される事が出来ます。

 

又、妊娠して退職する場合も考えられますが、この時に扶養家族として認定された後に出産した場合、出産証明証または出生届と伴に出産育児一時金申請書を提出する事で、30万円前後の給付金を受ける事が出来ます。

 

 

こうした配偶者の方が扶養家族になる事で受けるメリットはたくさんある。

 

但し先程も書きましたが失業保険の受給を受けてからも扶養家族になる事は出来ます。

 

働く意志を表明しているだけで失業保険の給付は受けられますので、受けている間は国民健康保険を自分で加入して支払わなければならないけれども、終わったら各書類を提出する事で扶養家族として認定してもらう事が出来ますので、忘れないでする様にしよう。

 

しない場合はそのまま国民健康保険を個人で加入している事になる。