青色専従者制度の活用

青色専従者制度の活用

青色専従者制度を上手に活用するかどうかは、その仕事をやってもらう内容と支払われる給料によって活用の仕方が変わってくるようです。

 

青色専従者制度と扶養家族を活用したいのであれば是非覚えておいて欲しい事です。

 

 

扶養家族で配偶者控除や扶養控除を活用している場合は、控除金額である38万円が基準となる。

 

もし年間に支払う給料が38万円以下で有るならば、青色専従者制度を活用しないで配偶者控除や扶養控除を活用した方がお得と言う事になる。

 

逆に38万円を超えるのであれば青色専従者制度を活用した方が控除額が増大ますのでお得と言う事になる。

 

とはいえ一概に38万円を超えたら良いのかと言うとそう言う訳では有りません。

 

もし健康保険や年金の扶養家族からも外れる位の金額を給料として貰う様になってしまうと、扶養家族からも外れてしまいますし、その翌年からは保険料が増大る事になってしまいます。

 

出来れば所得税や住民税、健康保険、年金等に影響が出ない様に100万円以内で収める方が色々と良いかもしれません。

 

 

結構自治体等で相談すると、親切に教えてくれますので一度相談してみると良いかもしれません。

 

税金面であれば税務署でも教えてくれる。

 

結構皆さんに有利な情報を教えてくれるとおもいますよ。

 

年間100万円位稼ぐと言う事は、大体月のお給料が8万円位、年収にして96万円位が妥当と言う事になる。

 

個人事業で働く青色専従者制度や扶養家族の制度を活用するのであれば、これが限度と言う事になりますね。