扶養控除と高齢化社会

扶養控除と高齢化社会

昨今の不景気、または高齢化社会になってきた事に伴って、少しでも税金を安く抑えようと親を扶養家族にする人が増大てきているようです。

 

平均寿命が延びてきていますし、少子化も進んでいます。

 

その為に高齢化社会が進行しているのです。

 

又、高齢者を支えなければならない若い世代にとっては不景気と言う事も重なって、仕事が無いとか生活が苦しいとか言う人も増大てきています。

 

自分の生活の面、親の生活の面を考えてみて、親を扶養家族にすると少しは生活が楽になるのではないかと言う考える人が多いみたいなのです。

 

 

親を扶養家族にする場合、健康保健においての被扶養者、税法上においての被扶養者と2通りパターンがある。

 

健康保険においての被扶養者とは、親の年齢が60歳未満である事、かつ年収が130万円未満の人と定められています。

 

但し何らかの障害を持っている人でかつ年収が180万円未満の方であれば60歳以上の親でも被扶養者にする事が出来るようです。

 

但しこの年収にも規則が有って被保険者の年収の半分未満である事が要素と定められています。

 

更に、親の生計を立てているのが被保険者の年収でと言う要素も付加される。

 

つまり現実的に扶養していると言う事実が無いと扶養家族にはなれないと言う事なのです。

 

扶養家族で有るのに親の方が年収が高いとか、親のお金で自分が生活しているのに自分の扶養家族になると言う場合は認められないのです。

 

又、親を扶養親族として定義付け、扶養控除を受ける場合もある。

 

この場合は親の所得(経費を差し引いた金額)が38万円以下で有る事が要素に入ります。

 

これには年金も含まれる様なので扶養親族にするのは難しくなる場合もある。