扶養家族から外れる場合

扶養家族から外れる場合

身内が扶養家族から外される時と言うのはどういう場合だろうか。

 

例えば扶養家族の方が就職して給料を貰う様になった場合、また死亡してしまった場合に扶養家族から外されてしまいます。

 

給料にかんしては年収130万円以上(60歳以上の場合は年収180万円以上)になった場合に扶養家族から外される事になる。

 

こうした収益による扶養家族から外れる外れないと言う基準としては、年収が130万円超えた時点で外すと言う事では有りません。

 

サラリーマンになる等継続的に収益が見込める様になった場合には、収益を得る様になった時点で扶養家族から外さなければならないのです。

 

 

では扶養家族を外す手続きと言うのはどうすればいいのだろうか。

 

扶養家族から外す理由は様々有りる。

 

どんな理由が有るにしても扶養家族から外す事になった場合は「被扶養者異動届」と扶養家族だった人の保険証を扶養者が加入している健康保険組合に提出する事で手続きをする事が出来ます。

 

資格喪失日にかんしてですが「被扶養者異動届」の自由発生日が基本的には資格喪失日となる。

 

また扶養家族の方が死亡して資格喪失となった場合は死亡日の翌日が資格喪失日となる。

 

更にサラリーマンになってその会社が加入している健康保険組合から保険証が発行された場合は、そちらの資格取得日を持って資格喪失日となる。

 

この手続きが遅れてしまうと、過去に遡って給付された金額等を返還しなくてはならなくなるので必ず手続きはきちんと行なう様にしよう。