扶養家族と失業保険

扶養家族と失業保険

失業保険にかんしてですが、失業すると失業保険を貰う場合が有るとおもうのです。

 

その受給額や受給期間にかんしては雇用保険に加入していた期間や貰っていたお給料で変わってきますので一概に何とも言えない所がある。

 

失業保険を貰っていて更に扶養家族になるとするならば色々と注意が必要になる。

 

場合によっては扶養家族になれない場合も有るそうなのです。

 

 

結婚して会社を辞めて失業実態になった時、先ずは失業保険を貰おうとしる。

 

その額によっては旦那さんの扶養家族になれない場合が有るようです。

 

それは旦那さんの入っている組合によるのだろうが扶養家族にする為の上限額と言うのが設定されているようです。

 

失業保険をたくさん貰っている場合はその上限額を超えてしまう可能性が出て来る為に扶養家族に認定されない場合が有るのです。

 

1日あたりの給付金額が低くても関係ありません。

 

受給期間が長いとそれだけ貰う事になりますからトータルで考えると高くなるとかそう言う事です。

 

結婚後に旦那様の扶養家族に入ろうとしている場合は、失業給付金と旦那様の会社が加入している保険の要素をよく見て考える事が大事になる。

 

もし失業保険を貰いたいのであれば給付期間中は自分で国民健康保険や国民年金に加入する等する必要が出てくる。

 

とはいえ給付されるまでは待機期間と言う物が有りる。

 

この間は扶養家族になれる場合も有りますので、いろいろな場合が予想される。

 

ですから色々と勉強してみる事をお勧めする。