扶養控除申告のポイント

扶養控除申告のポイント

扶養控除申告をする事で税金や社会保健においていろいろな優遇を受けられますので申告はしておいた方が良いとおもいます。

 

ここでは申告をする上でのポイントをいくつかご紹介してみたいとおもいます。

 

 

先ずは扶養家族に増減が無いかと言う事です。

 

結婚して配偶者が出来た。

 

子供が生まれた。

 

扶養している人が亡くなった。

 

扶養している人が扶養家族から外れた等を申告しよう。

 

次は控除を重複させていないかと言う事です。

 

重複してしまうと後で返還と言う事にも成り兼ねませんので、しっかりと確認しよう。

 

次は扶養家族として生計を伴にしている身内や親族に所得を得ている人がいるかどうか、また所得が扶養家族限度外でないかどうかと言う事を確認しておかなければなりません。

 

次は配偶者控除を受ける場合は民法上における配偶者であるかと言うのもポイントとなる。

 

扶養家族としている人のお給料が103万円以内であるかどうか。

 

扶養家族のなかに70歳以上の方がいるかどうか。

 

扶養家族としているのに生計が別でされていないかどうかと言う事にポイントを置いて申告をしていきましょう。

 

 

又、扶養控除を申告する時に書き方が難しいと不安に感じる場合も少なくは有りませんよね。

 

でも意外に少し位間違っていても修正がかんたんですから気にする事はないですし、どうしても分からなければ税務署に電話してみると結構丁寧に教えてくれますよ。

 

活用してみて下さい。

 

申告書の書き方を心配するよりは申告書を提出しない方が税金面で色々と損をしてしまいますので、忘れない様に提出しよう。