扶養家族と在宅の仕事について

扶養家族と在宅の仕事について

扶養家族の方で少しでも家計を助けようと在宅での仕事をしている方もたくさんいる事だろう。

 

在宅の仕事も今は色々有りますので仕事の幅も増大てきている様に感じます。

 

とはいえきちんと覚えておいて欲しいのが税金面の事です。

 

在宅と言ってもある一定額以上の収益があれば税金を支払わなくてはならなくなる。

 

また税金を払わなければならなくなった時点で扶養家族からも外れなくてはならなくなりますので注意が必要です。

 

 

在宅仕事をしている方は、その働き方によって税金の納め方が変わって来たりする。

 

本業の他に在宅仕事をしている方、個人事業主として在宅仕事をしている方、主婦で在宅仕事をしている方等色々です。

 

近年多いのは専業主婦の在宅仕事です。

 

専業主婦は旦那さんの扶養家族として扱われている場合が多いですので、実際には税金は払っていませんよね。

 

とはいえ、在宅仕事である程度の収益を得ている場合は色々納税方式が有りますが、扶養家族の枠を出てしまう場合も考えられますので注意しよう。

 

 

一般、在宅仕事は雑所得として扱われる。

 

本業がある方は雑所得が20万円以内であれば税金に関わって来る事は無いようです。

 

又、雑所得は在宅仕事で得た収益全てでは有りません。

 

通信代やパソコンの消耗品代等、在宅仕事をする為に使った経費を除いた額が雑所得となる。

 

その額が103万円超えた時点で扶養家族から外れなければならなくなる。

 

場合によっては年金や税金を差し引いたら、扶養内で働いている方が得と言うのも考えられますので注意しながら在宅をやりましょう。