扶養家族になる事の利点

扶養家族になる事の利点

税金面において多様な利点が扶養家族になると受けられる事になる。

 

税金面と言うのは所得税や健康保険、社会保険等に関する金額になる。

 

では誰でも扶養家族になってしまえば良いんじゃないかとおもいがちですが、扶養家族になる為には有るある程度の要素をクリアしなければならないのです。

 

扶養家族になる為には申請する必要が有り、その手続き自体がちょっと面倒かもしれませんが、控除が受けられると結構助かるとおもいますので、是非申請する事をお勧めする。

 

 

税金のかかり方ですが、扶養家族の立場とか年収とかで変わって来ます。

 

ここでは配偶者の場合で考えてみたいとおもいます。

 

配偶者の収益が100万円以下の場合、住民税が課税されない事になる。

 

100万円を超えた時点で超えた金額に対して住民税が課税される。

 

また配偶者の収益が103万円以下の場合は所得税も課税されません。

 

更に扶養家族が配偶者と言う位置付けですので配偶者控除を受ける事も出来るのです。

 

また配偶者の収益が103万円〜141万円までだと配偶者特別控除を受ける事が出来る様になりますので、配偶者の年収は常に抑えておいた方が良い事になる。

 

ただし扶養している人の所得が1000万円を超えた時点で配偶者特別控除は適用対象外となりますので注意して下さい。

 

 

扶養されている人の年収が130万円以上になると健康保険を自分で払わなくてはならなくなりますが、未満の場合は扶養家族として扱われ3割負担で健康保険を使う事が出来る様になる。

 

また昔は保険証と言ったら身内で1枚と言う感じでしたが、今は1人に1枚となっていますので扶養家族であっても1枚自分用の物が来る事になる。