扶養親族について

扶養親族について

扶養家族に属する言い方で扶養親族と言う部類の物がある。

 

納税者となっている人で扶養親族がいる場合には所得税にかんして一定金額分所得控除を受ける事が出来る税金制度となっています。

 

ではこの扶養家族または扶養親族についてですが、何処までの親族の事を指しているのだろうか。

 

 

扶養親族として申告する際には申告対象年の12/31時点で以下の要素全てにがい当している人の事を指していますので挙げてみたいとおもいます。

 

1つ目は扶養親族とは納税者の配偶者以外の親族となる。

 

親族の定義としては血族であれば6親等以内、配偶者の血族であれば3親等以内の人達の事を指している。

 

または里子の様に都道府県知事から養育や教育にかんして納税者に委託されている子供、養護を委託されている老人についても扶養親族として扱われています。

 

この6親等と言う数え方ですが自分を0親等として考えてみて下さい。

 

父母と子供は1親等となり、兄弟姉妹は2親等と言う事になる。

 

配偶者の血族の場合、配偶者が0親等として数えられる。

 

配偶者の父母と配偶者の子供にかんしては1親等、配偶者の兄弟姉妹は2親等、兄弟姉妹の子供が3親等と言う扱いになる。

 

2つ目は納税者が稼いできたお金で生計を共にしている人、3つ目は1年間の所得(年収から経費等を引いた金額)が38万円以下の人、4つ目は青色申告、または白色申告の専業従事者となっていない人が要素として挙げられています。

 

親を扶養親族とする場合、扶養したい兄弟がいるとしたならどなたか1人だけの扶養親族になる事になる。

 

複数の扶養親族としては扱われませんので注意して下さい。