扶養家族と失業手当について

扶養家族と失業手当について

失業すると言う事態に遭遇する事も人生有りる。

 

そうした時、扶養家族として扱われる様になる人もいますが、扶養家族として扱われた場合、雇用保険から出される失業手当は給付されないのだろうか。

 

 

扶養家族として扱われる場合、税金面において扱われる扶養家族か、年金や健康保険において扱われる扶養家族かどちらかがある。

 

税金面においては年収が103万円未満で有る事が扶養家族としての要素に有りますが、この年収には失業保険の給付金は含まれない事になっています。

 

又、年金や健康保険においては年収130万円未満でかつ被保険者の年収で生計を立てている事、その金額は自分の生活費の半分以上と言う事になっています。

 

ですので失業保険の給付金については年収や収益は関係ないのです。

 

 

失業手当を受けられるかどうかと言うのは年収に関係ないと言いた。

 

それよりは失業した人に再就職の意志があるかどうかと言う事が関係有るのです。

 

もし扶養家族になって専業主婦になりたいとした場合は、ハローワークでは「働く意志が無い」と言う見方をしますので「失業実態」にがい当しない事になる。

 

ですから失業手当は受けられなくなってしまいます。

 

ただし、扶養家族になっていたとしても主人の年収だけでは生活が出来ないので、扶養の範囲内で働きたい。

 

そう言う仕事を見つけたいと意志表示をするのであれば「失業実態」に当てはまる事になりますので失業手当が受けられる様になるのです。

 

失業して扶養家族になったとしても「働く意志」を表示する事が失業手当を受けられるかどうかの鍵になると言う事になるのです。