配偶者特別控除と扶養家族控除額について

配偶者特別控除と扶養家族控除額について

配偶者控除と言う制度がある。

 

これは配偶者(扶養家族)が年収103万円以下の収益しかない場合に38万円の所得控除が受けられると言う制度になる。

 

更に配偶者控除には「配偶者特別控除」と言う制度がある。

 

配偶者(扶養家族)が年収38〜76万円の場合に受ける事が出来る所得控除となっています。

 

つまり配偶者特別控除や配偶者控除は、所得税の計算時に配偶者の所得に合わせて税金が安くなっていくと言う制度になっています。

 

 

結婚してお子さんが出来た場合、ご自分に新たな扶養家族が出来る。

 

扶養家族が増大る場合は会社勤めの場合は会社に、そうじゃない場合は役所に扶養家族申請をする事になる。

 

そうする事で所得税や住民税の金額が少なくなるのです。

 

扶養控除として差し引かれる金額は所得税では38万円、住民税では33万円と決まっています。

 

お子さんが16〜23歳未満の場合には特定扶養親族と言う種類に属す事になりますので控除額がさらに上がり、所得税63万円、住民税45万円と言う事になるのです。

 

こうして控除額が上がると家計には凄く助かる事になりる。

 

お子さんを新たな扶養家族として申請する場合ですが、年末調整において増大たと言う事を申告すると、その年の所得税から扶養控除が適用される事になる。

 

 

こうした所得税の扶養や、健康保険の扶養になる場合は扶養する人が勤めている会社で手続きを行なう事、または会社勤めをしていない方は役所や社会保険事務所によって手続きを行なう事になりますので、忘れない様にしよう。