扶養家族と健康保険について

扶養家族と健康保険について

健康保険や社会保険に加入している人の事を被保険者と呼んでいます。

 

その被保険者の扶養家族として認定されている人の事を被扶養者と呼んでいます。

 

この被扶養者と認定される為には、被保険者の収益で生計を立てていると言う要素が基本的には必要になる様です。

 

 

では被扶養者として認定されるには、どんな要素が有るのだろうか。

 

先ずは被保険者と扶養家族の方が同居している場合の要素としては、被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分未満で有ると言う要素が必要となる。

 

更に被扶養者の年収が130万円未満でかつ、被保険者の年収の半分以上の年収となっているけれども、被保険者の年収よりは低くて被保険者の年収で生活をしていると言う要素が必要となる。

 

次に被保険者と扶養家族の方が別居している場合の要素としては、被扶養者の年収が130万円以下である事は同じですが、被保険者の方から仕送りがされていてその額が被扶養者の年収より上で有る事、つまり被保険者の仕送りで生計を立てていると言う事が分かる事が要素となる。

 

 

上記の要素から外れてしまう人は、健康保険上または社会保険上において扶養家族とはみなされない事になりますので、所得税や住民税等も払わなければならなくなりますし、国民健康保険や国民年金なんかも自分で払わなければならなくなるのです。

 

この時には扶養家族の資格を喪失したと言う事になるので、国民健康保険に加入しなければなりますので、お近くの市役所で手続きをして下さい。