扶養家族と103万円と130万円の関係

扶養家族と103万円と130万円の関係

正社員等で働いているサラリーマンの方はお給料を会社から貰っている。

 

自分の収益がこう言った給与収益のみの場合ですが、所得税と言う税金だけが徴収される様になっています。

 

この「所得税」ですがお給料から一定金額を差し引かれるのですが、金額は扶養家族の人数によって違うようです。

 

扶養家族が多いほど税金を払わなくて済むと言う計算方式が設けられています。

 

これが扶養家族控除です。

 

ただし扶養家族の定義はきちんと決められていますからそれに従わなくてはならないのですが、例えば扶養家族の方が働いて収益を得たとする。

 

この際の収益が一定額を超えてしまうと扶養家族から外れてしまうのです。

 

この一定額が色々と基準が有るので下記で説明してみたいとおもいます。

 

 

例えばあなたが結婚をしていたとして専業主婦になっている場合、貴方は旦那様に扶養されている扶養家族になる。

 

ところが専業主婦を止めてアルバイトを始めたとしよう。

 

毎月コンスタントに10万円お給料としてもらったとする。

 

そうなると年間120万円単純に稼ぐ事になる。

 

年間103万円以上稼いでしまうと扶養家族として扱われなくなってしまう為に、旦那様の扶養から外れてしまい旦那様は扶養家族控除が受けられなくなってしまいます。

 

更に120万円の年収ならまだ良いのですが、もっと稼いで130万円以上稼いでしまったとする。

 

そうなると奥様は奥様自分で所得税を支払わなくてはならず、確定申告をしなくてはならないのです。

 

この103万円、130万円と言う数字は扶養家族の方は微妙なラインになりますのでよく頭に入れておくと良いとおもいます。

 

110万円程度しか稼がないのであれば103万円以下に調整する等、扶養家族控除の方がお得になる場合が有りますので、チェックしてみると良いだろう。