結婚して旦那様の扶養家族になる場合

結婚して旦那様の扶養家族になる場合

結婚をして仕事を止めて専業主婦になる場合ですが、専業主婦として生活するのであれば基本的には旦那様の扶養家族として扱われる事になる。

 

旦那様が加入している健康保険組合から奥様を扶養家族にすると言う認定を雇用保険を受給した後に受けなければなりません。

 

その後で扶養家族として認められる事になりますので、仕事を止めてからは間があく事になる。

 

その間は国民健康保険に加入すると言う事になるようです。

 

もし奥様になる人が結婚前に働いていないか、低い収益だった場合、親の扶養家族に入っている可能性が高いとおもいますが、その際には健康保険資格の喪失証明と、親の扶養家族の際に持っていた保険証のコピーを持って旦那様の健康保険組合に提出すると、今度は旦那様の扶養家族として認められる事になる。

 

 

こうして、奥様が旦那様の扶養家族になった場合の健康保険の使い方ですが、もし奥様が妊娠出産と言う事になる場合も充分に考えられる。

 

この際、社会保険に申請する事で「出産育児一時金」を貰う事が出来る様ですので、是非活用して欲しい物だとおもいます。

 

更にもし奥様のご父母、つまり旦那様にしてみたら義理の父母を旦那様の扶養家族にしたいと言う申し出がある場合ですが、これには少し要素が付くる。

 

年収ももちろん一定額以内である事が要素に入りますが、旦那様と同居している事と言うのも要素に入れなければならないそうで、その証明の為に住民票を申請する必要が有るそうなのです。

 

同居していなくても仕送りして生計を伴にしていると言う証明が出来れば、別居していても扶養家族にする事も可能だようです。