扶養家族にかんするいろいろな規定

扶養家族にかんするいろいろな規定

いろいろな規定を基に税金制度が控除されると言う仕組みが扶養家族にはある。

 

その規定は税金制度によって違う様ですのでいくつか説明して見たいとおもいます。

 

 

先ずは住民税についてですが被保険者の配偶者の収益が100万円以下であれば課税される事は有りません。

 

ただし100万円を超えた場合は超えた分に対して住民税が課税される様になりますので注意しよう。

 

次に所得税についてです。

 

扶養家族として103万円以内の年収であれば所得税は課税される事は有りませんし、配偶者控除が受けられる様になっています。

 

103万円以上の場合ですが更にあるある程度の基準内で有れば課税はされないようです。

 

更に所得税にかんしては複雑で、配偶者の年収が103万円〜141万円以内である場合でかつ、被保険者の年収が1000万円以内であれば配偶者控除の対象となりますので課税される事は有りません。

 

次に健康保険料についてですが扶養家族の年収が130万円未満の場合は健康保険料は納めなくても良い様で、被保険者の被扶養者と言う事で治療費3割負担で受ける事が出来ます。

 

健康保険料については年収130万円以上の人の場合は扶養家族から外れて加入しなければならないと言う決まりが有るのです。

 

この保険料ですが今働いている所得に応じて決められる訳では有りません。

 

前年度の所得に応じて額が決められていますから、その点を注意しておかなくてはなりません。

 

最後に個人事業主の方ですが、申告する際に特別控除額を引いた金額が38万円以下の人もいるとおもいます。

 

そう言う方は扶養家族として扱われますので所得税は課税されない事になるようです。