扶養家族とは

扶養家族とは

扶養家族の税金制度や健康保険の制度について見てきます。「扶養家族」とはどういう意味があるのか御存じでしょうか。

 

かんたんに言うと自分が養育(扶養)しなければいけない身内の事をさしている。

 

この扶養家族がいるいないで社会保険や健康保険等色々と変わってきますので、凄く大事な物です。

 

では1人あたりの扶養家族の人数についてですが、扶養家族が何人だったとしても社会保険料は変わらないようですが、結婚や身内の死亡、子供が生まれた等人数の増減が有った場合には、直ぐに働いている会社の事業主に対して変更届を提出する必要がある。

 

この扶養家族制度はいろいろな制度との絡みが凄く深い制度となっています。

 

社会保険、健康保険、確定申告、税金等本当に多様な税金絡みです。

 

扶養家族制度を上手に活用する事によって多様な税金面に対して優遇される事が有りますので、しっかりと勉強しておくと良いだろう。

 

 

【所得税】
所得税の考えのなかで扶養家族と言う位置付けは、被保険者の配偶者またはその子供と言う様に生計が同じで有る人の事を指している。

 

その人達に対しては扶養控除される対象となりますので、所得税の税額が軽減される様になる。

 

とはいえ配偶者だから子供だからと言って無要素に扶養家族になれる訳では有りません。

 

個々の年収が130万円以下で有る事、かつ被保険者の年収の半分未満で有る事、かつ被保険者と三親等以内で有る事と言う要素が課せられています。

 

但し扶養家族の方が60歳以上または障害厚生年金を受給している障害者である場合はその年収が180万円未満まで認められています。