申請から補助金交付までの流れ

申請から補助金交付までの流れ

エコキュート補助金の申請が却下されたり、着順で間に合わなかったケースは、特に連絡がくるこというのはないため、ホームページ等で結末をちゃんと確かめる必要があります。
一方、申請が無事通ったケースには、ニホンエレクトロヒートセンターから「補助金申込受理通知書」が届きます。
この通知書が届けば、あというのは要項通り設置工事の準備をおこないます
エコキュートの補助金を受ける際には、設置工事を日程通りにおこなうという必須要素があるため、設置工事は補助金申込受理通知書に記載された期間内におこなう必要があります。
必ず定められた期間内に工事が終了するよう業者に依頼しましょう。
設置工事が無事終わりましたら、補助金交付申請書類をニホンエレクトロヒートセンターに提出する必要があります。
工事完了の旨を知らせるなどの必要事象を書類に記述し、提出期間内に必ず送付するようにしましょう。
いくら工事が期間内に終了していても、書類を出すのが遅れてしまったら元も子もありません。
書類を提出したケース、ニホンエレクトロヒートセンターが書類の記載内容を基に審査をおこない、最終的な補助金給付の決定をおこなうため、電力会社に設置の確認を依頼します。
電力会社の職員が自宅を訪れてエコキュートが設置されていることを確かめ、それ以外の条件を全部満たしていることが確認されれば補助金の給付が確定します。
補助金の給付が確定したケース、交付決定通知書と補助額面確定通知書が届きます
通知書を受け取った際は特に何をおこなう必要があるわけだとしてもなく、中身を確かめておくだけです
その後、補助金が給付される流れとなってきます。

エコキュートの販売メーカー

環境要素に優しいエコキュートは、国をあげて普及を推進するべく補助金制度まで設定しています。
しかしながら、必ずしも給湯器を扱う全ての作製専門業者がエコキュートを市販しているわけではありません。
やはり、イニシャル費用の面で既存の給湯器と比べると高いという点がネックとしてあります。
というのはいえ、費用の低下はエコキュートが生まれてからずっと各作製専門業者が課題として取り組んでおり、だいぶその業績が顕現てきています。
それによって普及率も上がってきており、以後参入する作製専門業者も増加してくるものとおもわれます。
2010年近年、エコキュートを取り扱っている作製専門業者は10社以上あります。
主な作製専門業者を挙げると、「コロナ」「三菱電機」「パナソニック」「ダイキン工業」「三洋電機」「日立アプライアンス」「日立ハウステック」「長崎製作所」「TOTO」「タカラスタンダード」「東芝機材」「シャープ」といったところです。
特にコロナはエコキュートのパイオニアということもあり、売り出し当初から最大のシェアを確保しています。
エコキュートといえばコロナ、という想像を持っている人もかなり沢山ことでしょう。
しかしながら、近頃はどの作製専門業者もエコキュートに対しての手法をかなり蓄積しており、大きなシステムの差はなくなりつつあります。
おのおのの作製専門業者がオリジナルの個性を打ち出しており、その個性を見極めることで、自分達にとってより良いエコキュートを選べる環境要素が整ってきています。
価値も大切ですが、作製専門業者でエコキュートの個性を見つけるというのも賢いオーダー手法の一つといえるでしょう。

各メーカーの特徴

数あるエコキュート作製作製専門業者のなかで、初めにエコキュートの市販を開始したのはコロナです
その為、コロナが市場にもたらす影響力は、今なお強力に残っています。
どの作製専門業者も、コロナの生産品がこうだから、ウチはこういう特徴を持たせようというような向上を遂げた結末、各作製専門業者におのおの特色が生まれたと言っても過言ではないでしょう。
そうした中、エコキュートのパイオニアであるコロナは、デザインにかなり力を投入しています
たいへん大きな機材ですので、いかにコンパクトに、いかになじみやすくするかが大切なエコキュートですが、コロナの生産品は圧迫感のない凄く親しみ易いデザインで、且つたいへんコンパクトになっています。
一方、高いシェアを誇る三菱のエコキュートは、システム面の充実が光ります。
追い炊き一つをとてつもなく、かなり速く出来る等、システムを重視している人にはおススメです。
東芝や日立のエコキュートは、特に追い炊きシステムに力を注いでいます、。
パナソニックのエコキュートは、タンクの容量に目を見張るものがあります。
市場で最も大きなタンクを整備しており、何より特徴的なのは、他の作製専門業者と比べて同様にらいの大きさだとしても、より多くのお湯を貯められる点です。
容積がたいへん大きくできているタンクを創り出しているということです
ダイキンのエコキュートは、ヒートポンプのシステムが優れています。
たいへん効率がよく、費用パフォーマンスの面では最適と言える品物を提供しているので、ランニング費用を重視している人にはおススメです。