エコキュートを導入してみよう

エコキュートを導入してみよう

ありのままににエコキュートを導入するケース、いきなり品物をオーダーするのは適切な行動ではありません。
エコキュートは巨大なシステムというわけではありませんが、それだとしても一般ご家族に導入するケースはそれなりに準備が必要です。
この準備を怠ると、整合性をとれずに扱いが難しくなったり、何らかの不具合の要因が生まれたりします。
費用面だとしても、システム面だとしても最高のパフォーマンスを発揮してもらう為には、まず容量の確認からはじめておくと良いでしょう。
エコキュートはボイラーの替りとなる技能ですが、ボイラーをそのままエコキュートに変更、というのはいきません。
全く違うシステムですので、一からの出発と考えてください。
というのはいえ、従来の給湯器同様、温めるためのお湯を投入するタンクが存在し、この規模が生産品自体の規模を決定付けるという点ではは同じと言えます。
もし今までボイラーを利用していたならば、そのボイラータンクの容量を確かめておきましょう。
そうでないケースは身内の人数から適切なタンク容量を算出します
エコキュートを導入するケースのタンク容量は、2〜4人の身内としたケース300〜370リットルが適切と言われています。
5〜6人身内のケースは、460リットルの容量が適切です
本質的にはこの460リットルがエコキュートの最大容量となってきますが、三菱、東芝ではそれ以上の550、560リットルを整備しており、6人を超えるケースはこの二つの作製専門業者の利用がおススメです。
ただし、エコキュートのタンク容量は身内の人数だけでは決められません。
浴槽の大きさにも注意が必要です
大きなの浴槽のケースは一度に使用するお湯の量が多くなるので、それだけ大きなタンクが必要になります。

適切なタイプとは

本質的に、エコキュートのタンク容量は、各作製専門業者とも310リットル、370リットル、460リットルの3種別を整備していると考えて差し支えありません。
作製専門業者によっては若干の数字の差異もありますが、概ね同様にらいです。
三菱、東芝はおのおの550、560リットルのタンクを整備していますが、これは例外と考えて良いでしょう。
エコキュートのタンク容量は、「一日の利用量」とイコールになるわけではありません。
例えば、適切なお風呂のお湯の温度である42℃で検証したケース、310リットルのスタイルだとしても夏場なら1,800リットル、冬季場だとしても1,000リットル以上のお湯が利用出来るという結末が出ています
ただし、これは所謂「多めモード」のケースで、深夜電力のみを利用したケースには、冬季なら500、夏なら700リットルくらいが限界です。
夏と冬季でお湯の利用量がかなりチェンジしてくるので、本質的には冬季の利用量を目安にスタイルを選択すると良いでしょう
では、具体的に適切な容量の見極め手法をみていきます。
一例として、4人身内が300リットルの浴槽を利用しているご家族のお湯の利用量を割り出してみましょう。
このケース、浴槽に投入するお湯が大体全容量の8割くらいと考えると300×0.8=240リットルとなってきます
このお湯を毎回入れ替えるわけではないので、本質的には保温の為に必要なお湯をここに足せば問題ありません。
保温を連続2時間に設定したケースは、75×2=150リットル必要となってきます
これに加え、シャワーに利用するお湯も確保しておく必要があるでしょう
シャワーに使用するお湯は、大体一人100リットル以内に納まります
よって、100×4人=400リットルを確保しておけば問題ありません。
これで合計は790リットルとなってきます。
冬季場は洗い物等でお湯を使用するので、プラス100リットルくらいをみておきましょう。
つまりは、約900リットルで十分に賄えるということです。
この量だと、370リットルだとしても深夜のみでは賄えません
エコキュートで深夜電力利用を前提とするケースは、「多め」モードを利用するか、節倹するか、460リットルにするかを選択する必要があるでしょう。

水圧を見極めよう

お湯の利用量もエコキュートを導入する上では大切ですが、同様にシャワーの水圧も大切となってきます。
というのも、シャワーの水圧に不愉快を持っている人がかなり沢山からです。
特に、マンションやアパートに住んでいる人は、入浴時にシャワーの水圧に対して違和感を覚えたり、明らかに水圧が低くて頭やボディーを洗う時にきっちり洗えた気がしないと感じたりしたことがある人が大半ではないでしょうか。
それくらい、シャワーの水圧は日常生活ではも大切な要素です。
本質的に、電温度水器を利用するケースは水圧が低くなる傾向があり、たいへんシャワーの勢いが弱いという状況が続いていました。
しかしながら、エコキュートによってそれがようやく改善されています
エコキュートのケースは、従来の電温度水器のシャワーの水圧から倍以上にまで引き上げることに達成しています。
従来は85kpaが標準だったのに対し、エコキュートでは170〜190kpaの水圧を利用することが出来ます。
シャワーの問題として、2階に浴室があるケースにはシャワーの水圧が大きく落ちるというものがありました、。
エコキュートはこの点も改善しており、2階までなら1階と同じ水圧で利用出来ます。
3階以上の上のフロアに対しても、パワフル高圧型のエコキュートを契約することで、高い階だとしても勢いのあるシャワーを浴びることが出来ます。
シャワーの水圧は、気づいた時に変更出来るものではありません。
契約の時点で決定します
その為、エコキュートを利用するケースにはありのままににどれくらいの水圧になるのかということを事前に確かめておくことが大切です。