3D眼鏡の不安その1

3D眼鏡の不安その1

いま、多々話題になっている3D映画、そして、3Dテレビ。

 

これがおうちにあったら、テレビ画像が立体的に見えるのですから、映画などが迫力満点で見られそうですよね
ですが、このテレビ、スイッチを入れれば、立体に見えるわけではありません。

 

そのテレビで立体画像を見るには、3D眼鏡が必要です。

 

ということは、テレビを貰うだけではいけません。

 

探るときに取り扱う専用眼鏡も購入しなければ3Dとはなりませんから。

 

 

では、気になる専用眼鏡のお値段ですが、いったい、どれくらいするのでしょうか?
家族がいるおうちは、みんなでテレビを見分けるですから、人数分、購入しなければならなくなります。

 

専用眼鏡が高いとなると、これはふとお財布も厳しくなりそうですね。

 

 

3Dテレビが発売前には、眼鏡は20000円くらいするだろうと予想されていたようです。

 

ですが、実際には、10000円程度で購入できる眼鏡もあるようです。

 

因みに、パナソニックですと9000円で販売しているお店もあるようです。

 

価格競争も依然として始まっていませんから、ざっと10000円から20000円の間で考えておいたほうがよさそうですね。

 

4人家族ですと10000円の眼鏡を全員に買ったとして40000円、これはちょい痛い出費になりそうです。

 

3Dテレビを購入する予算もあるですから、そこに眼鏡の予算や、レコーダーを持ち歩いていないおたくは、その金額も予算に入れておいたほうが良いでしょうね。

 

 

 

3D眼鏡の不安その2

さて、映画などを見る際は終始その3D眼鏡をかけることになります。

 

映画は2時間とか3時間とか作品によって違いますが、その間、眼鏡をずーっと張り付けることになります。

 

3Dテレビを買いたいとしている人にとって、ここで、またひとつ、心配なことが発生するのではないでしょうか?
立体映画は楽しみだけれど、この眼鏡の着け心地によっては、ひょっとしてそれが苦痛に感じて映画どころじゃ干上がるのではないでしょうか?
その辺も購入する前は心配になると思います。

 

そしたら、眼鏡がふと見た目、逞しいような気がしますが、重さはどれくらいあるのでしょうか?
眼鏡が重かったら、それを顔に着けているのも苦痛ですからね。

 

 

3Dテレビの重さですが、パナソニック製品ですと、総じて60グラムくらいです。

 

そうして、ソニー製品ですと眼鏡の重さは80グラムくらいだと言われています。

 

思ったより軽そうですよね。

 

普通の眼鏡が30グラムくらいでしょう。

 

私が使用している近眼用の眼鏡が、きっと30グラムでしたから、それに少しプラスしたくらいなのですね。

 

また、眼鏡は鼻につくところがありますが、このノーズパッドのサイズも調整出来るようです。

 

位置も調整出来るようですから、眼鏡の着け心地については、大丈夫そうですね。

 

着けた感じが不快だと、せっかく家に3Dテレビがあっても、無心に楽しむことが出来ないでしょうから、そこは製造会社各社とも工夫して作っていますね。

 

 

 

3D眼鏡の不安その3

そうして、他にも心配なこと、不安に思うことがあると思います。

 

それは、私のような普段からの「眼鏡かけ」は、「どうして3D眼鏡をかけるのか?」ということです。

 

裸眼で3D眼鏡をかけたら、ぼやけて見えませんからね。

 

本当は、この点は安心なのです。

 

眼鏡のその上から3D眼鏡をかけることが出来ます。

 

これで、目が悪い人も安心ですよね。

 

 

もちろん、着け心地が良いと言っても、何十時間も着けてはいられないでしょう。

 

映画も長くて3時間程度ですから、その間でしたら気になることもなく着けていられる状態です。

 

 

では、この3D眼鏡ですが、これを着けて3Dテレビを確かめること事態、面倒だという人はどうしたらよいでしょうか?
たとえば、何かをしながらテレビを見極める癖のある人も中にはいるでしょうね。

 

また、眼鏡を購入したくない人もいるでしょう。

 

そしたら、いかに眼鏡の着け心地が大丈夫だと言っても、眼鏡自体、塗り付けることが嫌いでかけたくない人もいると思います。

 

このように人によって、うだうだ事情があるというのです。

 

 

本当は、そんな方のために、ディスプレイを製造しているメーカー、ニューサイドジャパンが眼鏡なしで適切ディスプレイを考えていました。

 

これは、3Dテレビではなくディスプレイところが、理論は一緒ですよね。

 

2010年4月、「Display2010」というファッションショーがあり、なので、眼鏡不要の3Dディスプレイが登場しました。

 

しかも、この会社、70インチサイズを展示していました。

 

 

 

3D眼鏡の不安その4

この3Dディスプレイところが、プラクティカルには、パララックスバリア方式という方法が使われています。

 

ディスプレイのほうに特殊フィルターが押し付けられていて、左右の目に違う映像を見せることが出来るのです。

 

そうして、人間の脳がそれを3Dとして認識するわけです。

 

3Dテレビも同じように左右に違うものを見せているのですが、これは3D眼鏡によって、視覚がコントロールされ、立体効果が出るのです。

 

ですから、ディスプレイの方に、その機能を搭載させたわけであり、眼鏡によって目に映像を見せたり、遮断したりする必要がありません。

 

 

次に、大手メーカーのシャープが、何より専用眼鏡不要で行き渡るディスプレイを出しました。

 

これは3.4型液晶3Dディスプレイでした。

 

このディスプレイは、任天堂が発売予定の3D映像ポータブルゲーム機に搭載されると言われています。

 

次世代ゲーム機に至るのでしょうか、この立体映像が楽しむゲームが発売されたら、一躍話題になるに違いありませんよね。

 

 

このようにディスプレイで出来たのですから、各社はおよそ眼鏡なしでOKの3Dテレビについて、いまや取り組んでいるのでしょうね。

 

それにはいくつか問題があるそうです。

 

たとえば、費用だったり、明るさだったり、美しくあげる技術だったりします。

 

ですが、日夜、進歩を積み重ねる家電製品の技術、だいたい、大型で、別途眼鏡がいらない家庭用3Dテレビも、近い将来、出てくるのではないでしょうか。

 

それまで、3Dテレビの購入に待ったをかけるか、今のうちから楽しむか、それはみなさん次第でしょうね。