3Dテレビを購入するだけではダメ

スポンサーリンク

3Dテレビを購入するだけではダメ

3Dテレビがお茶の間それでもはやりつつある今日この頃ところが、みなさんのおうちは3Dテレビの購入を考えていますか?
このテレビ、今までのテレビとは幾らか違っていますから、購入を考えている人は、その前に各種情報を得ておくと良いですね。

 

目新しいものスキで食いつきたい人もいるでしょうが、新製品については、本当に情報収集が大事だと思うのです。

 

そうではないと、購入してから、「こんなはずではなかった」ということにもなりかねません。

 

 

ほとんど、3Dテレビで楽しむのであれば、それに対応したブルーレイレコーダー、そして、そのソフトが必要となってきます。

 

3Dテレビを買ったら、なので全ての映像が、3Dに見えるわけではありませんから、その辺を知っておいたほうが良いでしょう。

 

3D対応のブルーレイレコーダーを購入し、一層、3Dに対応したブルーレイディスクが必要です。

 

それを再生して何とか立体が味わえるようになります。

 

 

既に、地デジに切り替わったお宅も多いでしょうが、近い将来、地デジも、3D映像が配信わたる可能性があります。

 

それまでは、何ともですので、家庭で3Dを見たい場合は、ブルーレイで楽しむしかないでしょうね。

 

尚、プレステ3があるお宅は、オンラインでアップデートください。

 

なので、プレステ3が、誠に3D対応レコーダーになりますから、とても便利ですね。

 

プレステ3を持っている人は、レコーダーを購入する必要がありません。

 

これは覚えておいたほうが良いですね。

 

 

 

3Dテレビについて知っておきたいこと

3Dテレビに興味がある方、購入する前に、ふとした情報を持ち歩いていたほうが良いでしょう。

 

立体映像が家庭でも見られることは、この新製品の最大達する魅力ですが、真に購入する際に、各種欠点を知っていた上で購入することをお勧めします。

 

 

3Dテレビというものは、3D眼鏡の左右、両方のシャッターを高速で開け閉めします。

 

これで、それぞれの目に別々の映像を見せ、それを両方の目で見て、ついに3Dとなるのです。

 

この開閉のため、暗く感じたり、映像がぶれたりという、気になる点があげられます。

 

これについては、メーカーの各社が対応しています。

 

たとえば、液晶ではなく反応の速度が手早く、輝度も厳しいプラズマを使用することで改善されます。

 

また、4倍速の液晶テレビを使用することで改善されます。

 

そしたら、LED、または4原色技術を取り入れることで、その明るさをアップする、このような技術で対応しています。

 

ですから、大手メーカーが発売している、3Dテレビにおいては問題ないと思ってよいでしょう。

 

 

また、おわかりの方も多いでしょうが、3D眼鏡を使わないと、立体映像として見分けることが出来ません。

 

3Dテレビだけ、これ単体ではダメなのです。

 

3D眼鏡を使うことによって、3Dテレビで立体映像を見極めることが出来ます。

 

ということは、家族で3Dテレビを楽しみたい場合はどうしたらよいでしょうか?
人数分の3D眼鏡が必要になりますよね。

 

現在の価格は、きっと10000円前後から、20000円の眼鏡もあります。

 

 

 

3Dテレビについて知っておきたいこと続き

これも、テレビを購入するときの予算に入れておかなければなりませんよね。

 

2人なら20000円程度のプラスで済みますが、家族が多いご家庭は益々予算が必要ですね。

 

ですから、3Dテレビの予算だけではダメだということになりますね。

 

尚、このテレビで、普通の平面映像を見る場合は、眼鏡は必要ではありません。

 

 

また、普段、目がひどく眼鏡を使っている方は、3D眼鏡はどうなのでしょうか?
目が悪い人は結構多いでしょうし、普段から眼鏡を使っている人も多いですから、この点は気になる人も多いはずです。

 

3D専用眼鏡は、視力の良い人や、視力が悪くてもコンタクトレンズを使っている人には問題なく使用できます。

 

ですが、メガネをつけている人は、誠に通常のメガネの上に、別途3D眼鏡をつけなければなりません。

 

これは、まさか不便に感じる人も多いかもしれないですから、お店で試着してみたいですよね。

 

 

また、寝転んでテレビを見極めるのが大スキな方もいますよね。

 

こんな方にとって、3Dテレビはそんなふうには行かないようです。

 

3D映像というものは、専用眼鏡を水平に使った状態で映像が立体に見える。

 

これを前提に製造されているものですので、寝転んだ状態では3Dに見えません。

 

 

本当は、この、寝転んで見ると3Dにならないということを、3Dテレビのデメリットとして訴えている人が多いのです。

 

それ程、ごろ寝しながらテレビを探る人が多いということですよね。

 

まあ、私においてはそういうことはありませんし、映画は集中して正しく見るほうですのでモウマンタイのですが、ごろごろしながら見たい方には不便と言われています。

 

 

 

3Dテレビの相場について

3Dテレビには興味があるが、多分値段が良いのだろうなあとしている人、本当にいらっしゃるでしょうね。

 

なので、3Dテレビはいくらぐらいするものなのでしょうか。

 

製造会社によってばらつきがありますが、相場を調べてみました。

 

ひとまず、東芝から発売されているREGZAですが、23万円から44万円といったところでしょう。

 

そうして、パナソニックからはVIERAが発売されてあり、その価格は17万6千円から50万5千円です。

 

そうして、シャープからはAQUOSが発売されています。

 

これは、18万5000円から41万5000円ほどです。

 

最後に、ソニーのBRAVIAですが、料金は13万7千円から48万円です。

 

これは、2010年の10月における各社の料金です。

 

別にソニーは最初から、価格を下げておいたことで販売数アップにかけているといわれています。

 

 

一番安いものはおわかりのように、ソニーのBRAVIAとなります。

 

これは、40V型の価格ですが、別に、3Dシンクロトランスミッター、そして、3Dメガネも購入する必要があります。

 

ですから、合計した価格は高くなってしまいます。

 

3Dテレビの相場として、ざっと15万から50万ということで覚えておくと良しかもしれませんね。

 

大きいイメージが断じてあるようですが、最下で15万と安いものもあります。

 

現在は3Dテレビも発売直後ですから、高価なものが多いとは思いますが、液晶テレビの価格が下がるように、そのうちに3Dテレビも価格破壊が起きる可能性があるそうです。

 

 

 

3Dテレビとレコーダー

3Dテレビを購入して、自宅で立体の映画を見たい、そんなふうにお考えの方もいらっしゃるでしょう。

 

飛び出て来る映像は、迫力が違います。

 

アクションものや、巨大スケールの映画など、家にいながら映画館以上の迫力を喜べるかもしれませんよね。

 

私もぜひ試してみたいところです。

 

 

さて、3Dテレビがあっても、ブルーレイレコーダーがない場合、立体映像を見られません。

 

ですから、レコーダーを購入しなければなりません。

 

なので、誰しもが気になることは、それらの相互性です。

 

たとえば、違う製造会社の3Dテレビは、レコーダーとの相互性があるのかということです。

 

ソニーの3Dテレビにパナソニックのレコーダー、これで立体映像を見ることが出来るでしょうか?

 

3D対応の製品については、Blu-ray3D規格というものにもとづき、製造されています。

 

ですから、この規格が同じであれば、相互性があるということになります。

 

ということは、別の製造会社の機器であっても、規格がおんなじものを選べば大丈夫ということになりますね。

 

これは、BDAが定めた「Blu-ray3D規格」というもので、購入の際にこれをチェックする必要がありそうですね。

 

この点をポイントとして押さえておきたいものです。

 

 

勿論、家電各社も規格を重視しているだから、国内製造会社で製造販売された機種はほとんどが大丈夫だと言われています。

 

日本のものなら安心ですが、他ですとチェックしなければなりませんよね。

 

また、3Dソフトもおんなじことです。

 

3Dブルーレイディスクも、この規格で作られています。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク