3Dテレビと専用眼鏡その1

スポンサーリンク

3Dテレビと専用眼鏡その1

3D映像が巷で話題になっているようですが、依然として一般家庭に普及はしていませんよね。

 

ゲーム機やDVDレコーダーなどの家電と違って、3Dテレビとなると、値段もそれなりに高価です。

 

ですから、一般家庭では、簡単な気持ちで買って見ることは出来ません。

 

映画などで3D映像を楽しむことが出来れば十分だと思っている人、それを家でも楽しみたいとしている人、それぞれでしょうね。

 

 

今度、3D映像がトレンドになり、映画がほとんど3Dになるかと言えばそうではないようです。

 

映画製作では、今後、次々3D作品が加わるわけでも無く、現在の2D(平面)作品が今までと変わらず主流でしょうね。

 

2Dで十分だけれど、3D映像のコンテンツがあるのなら、それを楽しみたい。

 

そんなに想う人が家庭用の3Dテレビを購入するのかなと思っています。

 

 

そこで、3Dテレビにおいて、何が重要かと言えば、その画質、そして機能だと言われています。

 

2D映像での画像はとても高度になりました。

 

液晶テレビが主流になり、大きな画面で美しい映像が喜べるようになっています。

 

「2Dで十分じゃない?」そう言っているお宅も多いのではないでしょうか。

 

画質、機能とも満足している2Dテレビ、そこをわざと3Dテレビに移行する必要があるのか、何とかということですね。

 

最も、3Dテレビは、専用のメガネをつけないと、立体的に見えないことから、そこを少々面倒だと感じている人が多いのではないかと思います。

 

 

 

3Dテレビと専用メガネその2

眼鏡を付けることが前提になると、何かをしながら、とか、用事の合間に、とか、気軽な気持ちで楽しむテレビではなくなってしまうのではないか?
そう考えている消費者も多いようです。

 

 

確かに、私もその自力です。

 

一際主婦は忙しくてじりじりテレビを確かめる暇もないでしょう。

 

夕食を決める合間に、洗濯の合間に、ちょこちょことテレビを探る人が多いなか、3Dテレビが普及したら、どうでしょうか?
メガネ着用となれば、面倒に思う人が多くても当然ですよね。

 

 

さて、そんな方々の不満を解消すべく、3Dメガネ無しでも楽しむことが出来るという、3Dテレビが発売されます。

 

まず、人間の脳に立体的だと理解させる、3Dテレビのシステムについてご紹介したいと思います。

 

3Dの仕組みですが、まず以前の専用メガネをかけることによって、右目と、左目、それぞれ違う映像を見せていました。

 

この方法ですと、画素数が半分になってしまって画質が落ちます。

 

また、場所によって、立体に思えたり、立体に思えなかったりするわけで、映像がどこから見ても3Dというわけではありませんでした。

 

ですから、見る側が、立体的に見える位置にいないと、3Dを楽しめないわけです。

 

ということは、見える場所まで動かなければならないという手間があります。

 

 

3Dテレビでちょうど良く立体画像が映る場所を、専門用語でスイートスポットという呼び名があります。

 

このスイートスポットが、一カ所だけでは、どうも不便ですよね。

 

3Dテレビの、RealDのシステムでは、デモンストレーションで、3×3ピクセルを1画素として、違う方向に光を対しられるように、画素ごとに違うマイクロレンズを使用していました。

 

 

 

3Dテレビと専用メガネその3

こうすることで、ディスプレイに9つのスイートスポットが出来ました。

 

9つもスイートスポットが出来ると、どの位置からテレビを見ても、なんとなく位置をずらすだけで、立体映像を見極めることができます。

 

これで問題は改善されたかと思いましたが、9画素を1画素で表示するので、解像度は相当下がります。

 

3Dテレビをどの角度から喜べるようになった反面、映像の美しさは半減してしまいましたね。

 

 

では、実にこの3Dテレビの映像を見てみますと、解像度は下がりましたが、その分、眼鏡不要で、立体感が楽しめます。

 

ここが利点でしょう。

 

また、ビデオパッケージソフトを確かめるためには、どちらかと言うと泣き所のほうが大きいと言われています。

 

パネルの前面にマイクロレンズを成形しなければならないので、ディスプレイは、こうすることで3D専用になってしまいます。

 

ですが、このRealDという製品は、店頭でのデモンストレーションなど、または、ビデオ広告などに使用する方向も考えているそうです。

 

 

眼鏡無しの3Dテレビは便利でしょうが、今後は、家庭向けにはメガネによる3Dテレビが主流になりそうだと言われています。

 

一方、広告用など、店頭で扱う商用のディスプレイまずは、反対にメガネなしで蔓延るマイクロレンズを使用したものが主流になると言われています。

 

家庭用、商用、どちらにとっても、喜べるコンテンツが増加しないと、ハードの要請もなくなりますから、3Dテレビの普及もコンテンツ次第ということでしょうか。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク