話題は3Dテレビだけじゃないその1

スポンサーリンク

話題は3Dテレビだけじゃないその1

迫力たっぷりの立体的映像、つまり3次元といえば、昔は映画がありましたよね。

 

私も、子供のころ、飛び出すアニメ映画を見た記憶があります。

 

映画館でメガネをもらって、それを引っかけると、画像が飛び出してくる、子供のころは、確かにこの楽しみがありましたよね。

 

すでに、3Dテレビ罹るものが登場し、家庭でも3Dを楽しむことが出来る時代を迎えようとしています。

 

いまだに、3Dテレビの普及は難しいでしょうが、製造会社側は製品開発に力を入れていたようです。

 

 

さて、3D体験は、なにもテレビや映画だけじゃないのです。

 

各種商品で、または、サービスで3Dを楽しめそうですよ。

 

たとえば、昔からある紙芝居、これが3D紙芝居として上演わたることもありました。

 

3D紙芝居というものは、今の子供たちによって作られた紙芝居だそうです。

 

今の子供たちは、アニメ大スキですからね。

 

アニメなしでは語れないのが、今の子供たちであり、アニメの迫力に皆目慣れてしまっています。

 

ですから、通常の紙芝居ではさぞ興奮しないのでしょうね。

 

紙芝居師の方が、3D紙芝居によって実演しますから、それは、ライブで臨場感がありますよね。

 

テレビで探るものと、生で訊くものは、子供たちにとっても、また違う興奮でしょう。

 

 

本当は、紙芝居を上演する劇団があるのです。

 

プロ紙芝居師集団というものがありまして、「渋谷画劇団」と言います。

 

この劇団が、昔ながらの紙芝居の楽しさを、子供たちに与えてくれています。

 

 

 

話題は3Dテレビだけじゃないその2

3D紙芝居は特に絵に扱う色を工夫することで、強調目指す部分が飛び出すようになっています。

 

やはり、専用メガネをつけて見なければなりません。

 

絵や文字が飛び出して見えるから、子供たちも興奮するでしょうね。

 

また、メガネをかけなければ、普通の紙芝居として探ることが出来ます。

 

これそれでもたくさん、喜べるでしょうね。

 

 

昔ながらの古風な紙芝居、そして、3Dテレビなどで話題になっている最先端の3D。

 

この二つの融合は、みなさんも、はなはだユニークだと思いますよね。

 

ですが、こうすることによって、紙芝居が燃えるそうです。

 

もの語に緊迫感、スピード感を表すことが出来て、効果的だと言われています。

 

 

3D紙芝居によって、視覚効果を加え、そして、効果音、音楽も使って、聴覚も刺激します。

 

これで、劇団の方の演出が合わさったら、見ている側は、もの語の世界に引き込まれてしまう。

 

子供だけでなく、一緒に見ている大人も紙芝居の世界に引き込まれそうですよね。

 

何しろ、演出はライブで行われるのですから、その声の迫力もすごいものです。

 

 

また、雑貨店も、3Dに関連した雑貨が話題になっています。

 

3Dに関連した商品を集めた特設コーナーを吐出し、人物の目を引いているお店もあるようです。

 

たとえば、大型雑貨店のロフトなどがそうです。

 

 

今では最先端の技術を駆使したテレビが、3Dテレビですが、本当は昔から3Dは、あんまり身近にあったものなのです。

 

たとえば、メガネを着けたら、キャラクターが飛び出すマンガなどは、昔からありましたよね。

 

 

 

話題は3Dテレビだけじゃないその3

アメリカンコミックも、立体的に見える雑誌を望ましく見かけます。

 

また、専用メガネがなくても、確かめるだけで、立体的に感じるポスター、または、時計などがあります。

 

最近の商品では、デジタルカメラで、誠に3D画像が撮影できるという驚きの製品もあります。

 

そうして、一番ユニークな製品は、3Dのシャボン玉でしょう。

 

「シャボン玉は元々立体じゃない?」なんて、今一つことは言わないで下さいね。

 

品名が3Dバブルと言いまして、この商品は、アメリカの商品であり、日本も販売されています。

 

 

これもまた、専用メガネが必要なのですが、このメガネでシャボン玉を見ると、星がシャボン玉の周りに浮かんでいるように見える。

 

他にも、ハート型やカミナリ、蝶々が当てはまる商品もあるそうです。

 

これは、子供たちだけでなく、女性も喜びそうですね。

 

 

映画や雑貨で3Dがはやり、肝心の3Dテレビのほうですが、2015年で市場規模は420万台と予想されています。

 

3Dと言えば、とにかく、3Dテレビです。

 

家電メーカー各社が相次いで、この事業に参入しています。

 

これからは、メガネを着けなくても立体映像が見られるテレビも発売する予定だそうです。

 

2010年、世界での市場規模は240万台の見込みで、日本は50万台と言われています。

 

普及がすすむポイントは、3Dで見たく至るような、コンテンツが今後、目立ち積み重ねることですよね。

 

3Dテレビでぜひ見てみたいと偽るコンテンツが目立ち、需要が高まることを予想しているのでしょう。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク