現在の3Dテレビ事情その1

スポンサーリンク

現在の3Dテレビ事情その1

日本の家電メーカーで有名な、パナソニック、そしてソニー、シャープは2009年10月に開かれた「CEATECJAPAN2009」で3Dテレビを展示していました。

 

3社そろって展示を通じていましたが、その際、映像の出来はどうだったのでしょうか?
一番良かったのは、パナソニックでした。

 

そうして、次がシャープだったそうです。

 

世界のソニーと言われていますが、なぜ、ソニーはこの3社の中で最下位だったのでしょうか?
ソニーの3Dテレビは、映像が暗くて、さらにクロストーク、また、フリッカーも見られたということです。

 

 

みなさんの中まずは、クロストークという言葉をご存知ない方が多いと思います。

 

クロストークというものは、通信回線のケーブルが、他の機器にあるケーブルの信号、または、外部から電磁波を拾って仕舞うことです。

 

クロストークが起きると、通信にノイズが入ってしまいます。

 

因みに、このクロストークは、通信ケーブルに電磁波などを、外部から拾えないよう、遮断するためのシールド加工をすることで防げると言われています。

 

 

そしたら、フリッカーですが、これは、人間が認識できる明りのちらつきのことです。

 

フリッカーは一般に、照度が変化することにおって生じます。

 

ですが、その影響は照度が変化する量だけに関係しているのではなく、変化の形状、変化の時間、 繰り返え受ける頻度によっても、違ってくる。

 

たとえば、蛍光灯です。

 

これは、いよいよ、毎秒100回ほど点滅していますが、人間の知覚の限界より上になっているので、ほとんどの人がこのちらつきを認識できません。

 

 

 

現在の3Dテレビ事情その2

さて、ソニーの3Dテレビの話に舞い戻りましょう。

 

ソニーのテレビには「BRAVIA」シリーズのLX900/HX900/HX800があります。

 

この中で、LX900シリーズですと3Dテレビです。

 

 

これは、3D機能が内蔵されていて、大きさも40型から60型まで4サイズあります。

 

それにプラスして、別売で3Dメガネを購入し、かけることによって3D表示になる「3Dレディーモデル」があります。

 

これは、HX900/HX800シリーズで、それぞれ2サイズあるそうです。

 

では、これらのソニー3Dテレビがどう物悲しいのでしょうか?
それは、ブースに関係しているようです。

 

シャープの展示会ブースには、外からの光を防ぐ覆いがありませんでした。

 

それに対して、ソニーの展示会ブースは、覆われていました。

 

3Dテレビの周囲を、ソニーはそうして暗くしていたことから、本来の画面表示が物悲しいということになったのでしょうか。

 

2009年10月に開催されていた「CEATECJAPAN2009」で、ソニーブースは、以上のような様子でした。

 

ですが、2010年1月のCES(InternationalCES2010)で、ソニーの3Dテレビは、画面の暗さ以外はある程度、改善されていました。

 

そうして、最終的な製品ですと、ソニーの3Dテレビは、明るさにおいても改善されていました。

 

ソニーは、3Dテレビの明るさを改善するために、3Dメガネに使っていた偏光フィルターを取ったそうです。

 

 

 

現在の3Dテレビ事情その3

偏光フィルターで光のロスがありますから、その分、光のロスが減ったことで、立体表示画面の暗さをおさえたそうです。

 

これで、ソニーの3Dテレビも、他社と並び、うれしい部屋でも見やすいテレビになりました。

 

 

明るさの改善に加え、冷陰極管、CCFLバックライトから、新しくLEDバックライトに変更してあります。

 

冷陰極管は、「れいいんきょくかん」と読みますが、一般人の私たちはどうしても訊くことがない言葉でしょう。

 

これは、細径の小型蛍光管というもので、発光原理は、一般の蛍光管と同じです。

 

近年において、液晶バックライト用の光源に使われ、急速に発展しました。

 

現在、冷陰極管市場の主導権は、日本が握っています。

 

寿命が長く、消費電力が酷いことで、よく建もの内の誘導灯に使われていることがあります。

 

これを点灯させるためには、専用安定器、(インバータ回路)を使います。

 

そうして、ネオン管にも迫る特性を持っています。

 

LEDの搭載によって、前の映像が消え残り、それがクロストークとなっていました。

 

消え残りを無くすのではなく、バックライトを消せば、それは思えなくなり改善されました。

 

 

そうして、居残る問題はやはりフリッカーでしょう。

 

パナソニックの3Dテレビも、デモンストレーションディスクに収録されていた映像では、ちらつきが目立っていました。

 

ですが、「カールじいさんの空飛ぶ家」などが入っている、3Dデモ映像ですと、ちらつきは断じて気になりません。

 

 

 

現在の3Dテレビ事情その4

ソニーの3Dテレビ、BRAVIAシリーズですと、外付けで、3D表示可能な「3DレディーモデルHX900シリーズ」が、他と比べて画質的には最も良いそうです。

 

これは、直下型のLEDバックライトを搭載していますから、部分駆動することによって、おっきいコントラストになっています。

 

高コントラストは3Dになると、効果を激しく発揮することができます。

 

ほかのクロストークや、フリッカーの問題もありますが、画質だけ見れば、HX900シリーズが一番良いと評判になっていますね。

 

また、ソニーのBRAVIAシリーズ、この3Dテレビはスタイルが良いです。

 

スタイリッシュでシンプルなことから、3Dテレビの機能がそれほどに差が出ていなければ、デザイン重視で選ぶ人も多いと思います。

 

シックなデザインであり、表面に段差がありません。

 

スタンドに乗せると傾くデザインもエラいと評判です。

 

3Dテレビという新しい映像の提供だけでなく、生活を豊かにするというテーマがある、こんなデザインですね。

 

こんなソニーの3Dテレビと比べてみるとよく分かるのですが、パナソニックの3Dテレビ、VIERAシリーズにはいまいちデザイン性を感じません。

 

今までのテレビと同じようなタイプで、3Dも見られるテレビと言ったら良いのでしょうか。

 

それはそれでパナソニックの狙いなのかもしれませんね。

 

ですが、ソニーの製品は、これからむかえる「映像の新世代」を予感させる3Dテレビだと思います。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク