3Dテレビとソニーの技術その1

3Dテレビとソニーの技術その1

みなさんはスキな家電メーカーはありますか?
キッチンの家電はどこどこのメーカーが宜しいとか、オーディオ類ですと、どこどこが好ましいとか、それで揃えているとか、みなさんにもこだわりがあると思います。

 

私はキッチン家電について、メーカーには拘りませんが、色などで統一感を出しています。

 

キッチンはそうですが、オーディオ類に関して言えば、私はソニーが大スキです。

 

ソニーは他のメーカーと相互性が僅かことで知られていますが、私は最も不自由に感じません。

 

なぜなら、ほとんどがソニーだからです。

 

ステレオもソニー、MDもソニー、携帯用メディアもソニーと、全部、ソニーばかりです。

 

 

最近、注目されている3D映像を写すテレビですが、大手家電メーカーそれでもある、ソニーは、3D映像に対してどのような取り組みを通じているのでしょうか?
みなさん、ご存知の立体映像は映画だと思いますが、それだけではなく、エンターテインメントの全体に広げたいとしています。

 

たとえば、音楽だったり、スポーツだったり、ドキュメンタリーだったりなど、3Dテレビで探ることで一段と興奮度が伸びるでしょう。

 

また、ソニーといえば、プレイステーションですが、プレステ3でも助かるようなコンテンツも可能性があります。

 

 

さて、ソニーの3Dテレビですが、「ハイフレームレート液晶パネル」というものによる「フレームシーケンシャル表示方式」という形をとっています。

 

これによって、フルHD画質が鮮明に表示されます。

 

 

 

3Dテレビとソニーの技術その2

この「フレームシーケンシャル表示方式」というものは、右目用映像と、左目用映像、この二つを交互に画面表示します。

 

この映像を、映像表示と同期させた「アクティブシャッターメガネ」をかけて探ることによって、フルHDの高画質が美しくそのままであり、左目用映像、右目用映像を、それぞれに正確に見せます。

 

こうすることで、高品質でありながら、高精細であるフルHDの立体映像が出来上がります。

 

ソニーはこの「フレームシーケンシャル表示方式」で、今までになかった臨場感、そしてリアリティを提供するとソニーは言っているのです。

 

 

3Dテレビの表示方式ですが、3D映像を表す方法が他にもあります。

 

先ほど説明しました「フレームシーケンシャル表示方式」以外ですと、偏光フィルターによるラインバイラインという表示方式があります。

 

このラインバイライン表示方式は、画面の中に何本もラインがあり、偏光方向が違うフィルターを配置します。

 

そうして、そのラインごとに右目用映像、左目用映像を出します。

 

偏光方向が違っているレンズの眼鏡を付けることで、左右、それぞれが見ている画像を各目に認識させるのです。

 

これが3D眼鏡と呼ばれているものでして、みなさんも映画館などで着用したことがあると思います。

 

ですが、このラインバイライン方法ですと、元々の画面の表示能力を、左右の目に分割するわけですから、勿論、解像度も半分になります。

 

ですから、この方式での3Dテレビでは、画像が残念ながらクリアではありません。

 

 

 

3Dテレビとソニーの技術その3

大きな画面のテレビも普及してきましたし、画像が鮮明であることにみなさんもなれていると思います。

 

ですから、今は画像がどれだけきれいに窺えるか、それがどうしても大事な要素ですよね。

 

 

ソニーの3Dテレビは、ハイスペックである「フレームシーケンシャル表示方式」が導入され、グングンクリアな画像が遊べるようになったそうです。

 

また、映画館ですと、昔からの映画フィルムによる映写機が均一でしたよね。

 

ですが、現在では、この映写機での上映方式から、「デジタルプロジェクター」を使っての上映方式へ変わってきています。

 

映画と3Dテレビ、ともソニーが共通して功績を残している分野ですので、ほんのり映画制作についてお話しましょう。

 

 

映画上映方法がデジタル化受けることは、昔からのフィルムになかったものが入るようになります。

 

それが、各種コンテンツです。

 

その中けれども、3Dで上映受ける映画は、デジタルプロジェクターで上映する利点を最大限に喜べるコンテンツでしょう。

 

リアルで鮮明な映像と、大きなスクリーンで見ることの臨場感、そして、迫力の音響。

 

そうして、3Dによって、目新しい興奮が得られると思います。

 

ソニーは、グングン高品質な映像を遊べる「4Kデジタルシネマプロジェクター」を発売しています。

 

デジタルシネマプロジェクターにおいてよく扱う表現方法で「2K」や「4K」と分けられます。

 

これは解像度を略した言葉であり、1Kイコール約1000ですから、2Kプロジェクターですと、2048×1080で221万画素ということになります。

 

 

 

3Dテレビとソニーの技術その4

だから、4Kプロジェクターですと、約885万画素ということになり、画素数それでは4倍です。

 

この数字から、ソニーのデジタルプロジェクターの高解像度もこれでおわかりでしょうね。

 

3Dテレビといえば、映像の美しさもいわば、撮影された映像のほうにもソニーの力は及んでいます。

 

世界でようやく、ソニーは放送用「ハイビジョン映像システム」を商品化しています。

 

また、世界のクリエイターが、ソニーを選んでいるという話も聞きますし、ソニーは世界的に有名なブランドとなりました。

 

何より映像制作の分野ですと、最高峰である「HDCAM-SR」、また、「XDCAM」、「HDV」と、映像のプロフェッショナルがソニーを選んで使っています。

 

 

2000年にソニーから発売された人気の「HDCAM」シリーズですが、殊に初のデジタルシネマカメラとなったのが「HDW-F900」です。

 

これは、誠に、映画の都、ハリウッドからの激しい要望で開発した商品なのです。

 

あの、有名なジョージ・ルーカス監督作品である、「スターウォーズエピソード2」の撮影にも使用されました。

 

こんな技術を有する世界のソニーが、3Dテレビを発売するのですから、みなさんも一段と興味が出てきたのではないでしょうか。

 

 

3Dテレビもそうですが、高画質は重要です。

 

当然、映画もおんなじことが言えます。

 

昔から映画のように高画質でなければならないもの、こだわった映像作品として、表現出来る「記録媒体」にはフィルムしかありませんでした。

 

 

 

3Dテレビとソニーの技術その5

みなさんもご存知のように、フィルムですと現像してから、初めて中身を確認できますよね。

 

正しく撮れているのか、どうにか、それまではわかりませんでした。

 

また、映画作りにはフィルム編集にも大変時間がかかりました。

 

 

そうして、映画館で上映するには、上映用フィルムを複写して運ばなければなりませんでした。

 

そこをデジタルシネマカメラですと、その場で探ることが出来ます。

 

また、検索が簡単で、編集も便利になりました。

 

映画館での上映用フィルムはデータとなって、配信しやすくなりました。

 

 

映画業界でフィルムからデジタルへの移行で課題になってきたことところが、それがクリアになった現在、画質なども高い評価をもらっています。

 

このように映画制作にも革新を起こしたソニーが、今、力を入れているのが3Dテレビなのです。

 

映像制作のデジタル化ノウハウが、3D制作にも効率をもたらしているのです。

 

映画用の3D作品が多く制作されています。

 

この撮影で、ソニーのデジタルシネマカメラを使っている現場が多いのです。

 

カメラだけでなく、ソニー、独自の液晶ディスプレイデバイスを搭載してある、フルHDの再度4倍を超えた高精細プロジェクターが発売されました。

 

これは、米国や日本を始め、世界中で使われているのです。

 

このように映画においては、撮影から上映まで、すべての映画制作技術をソニーが支えているといっても良いでしょう。

 

 

そうして、今、ソニーは3Dテレビでの映像を楽しんでもらうために、専用機器の開発を通してきました。

 

この技術、ノウハウによって、作られる高品位の3D映像作品を人々に楽しんでもらうために、3Dを普及させたいそうです。