スポンサーリンク

3Dテレビについてその1

みなさんは3Dテレビってご存知ですか?
3Dと言えば、立体的に見えることで知られていますよね。

 

昔から子供向けの映画などで観られました。

 

ディズニーランドにあった、アトラクションも、3Dで喜べるものがありました。

 

 

さて、最近は3Dと言えば、3Dテレビです。

 

映像が立体的になる、飛び出して来るというものは、今や映画やアトラクションに限ったことではありません。

 

テレビで実現可能になりましたので、ご家庭でも楽しむことが出来るのです。

 

 

では、3Dテレビとは正にいかなるものなのでしょうか?
それは、3Dテレビ専用の眼鏡があり、それを見張ることによって、3次元、いわゆる立体映像を見ることが出来ます。

 

そもそも、人間は立体ものを目で確認すると、左右、それぞれの目がある位置が違っているので、「視差」というものが発生します。

 

この視差によるものが、3D技術なのです。

 

視差を利用し、本来、平らである映像を立体ものとして、人間の脳に知覚させるのです。

 

簡単に言えば、本当は平面だけれども、立体的だと脳に見せかける技術によるテレビが3Dテレビなのです。

 

 

では、昔の飛び出す映画などは、いかなる仕組みだったのでしょうか?
以前の3D映画は、左右それぞれの目に合わせた画像を在るように、フィルム(偏光フィルム)による眼鏡をかけていましたよね。

 

ですが、2010年から登場する3Dテレビは、液晶シャッター付き眼鏡を使うものがほとんどです。

 

 

 

3Dテレビについてその2

みなさんは、ご存知乏しいかもしれませんが、テレビの映像というものは、1秒間に何度も何度も、初々しい画像、次の画像に書き換えています。

 

それが私たちには動いているように思えるわけであり、つまり、それが動画となっています。

 

 

そうして、これから発売される3Dテレビでは、左目用の映像、そして右目用の画像に分かれていて、それを交互にもの凄くスピードで、転じます。

 

そうして表示する映像を作成しているのと同期して、片目ようの画像が表示している時は、裏側の目のシャッターが閉じされているようになります。

 

そうして交互に認識することで、3D映像として思えるわけです。

 

 

3Dテレビ、みなさんも結構楽しみにしていると思いますが、この性能には弱点があり、左右の視力がかなり違う人は効果的に見えないケースがあるそうです。

 

また、体質によりますが、映像を見極めることで乗りもの酔いしたように、具合が悪くなる人もいるようです。

 

 

ピッタリあと少しで、地上デジタル放送に切り替えが行われますよね。

 

今や地デジ用のテレビを購入した人や、アンテナを取り付けた人も多いでしょう。

 

ですが、まったく購入していない人が、ちょいこれから、テレビを買い換えるですから、その需要を見込んで、これら3Dテレビが発売されるようです。

 

「とにかく貰うなら、最先端のものを」という人も多いのではないのでしょうか。

 

地デジに変わると一気に3Dテレビになる、そういったご家庭もあることでしょう。

 

 

 

3Dテレビについてその3

さて、現在、販売されている通常のテレビ、これは以前と見比べたら甚だ値段が落ちています。

 

薄型であれ、液晶であれ、次々価格が落ちていますから、当方消費者にも勧め易い価格となりました。

 

あのお店で安くなれば、当店も安くする、そんな競争も日夜行われています。

 

他店より1円でもおっきい場合は、店員に相談するとそこまで下げてもらえるようなサービスも、あたりまえのように行われているようです。

 

チラシにそういう売り文句を見たことが、みなさんもあるでしょうね。

 

 

そうして、地デジ対応の薄型テレビは、価格競争によって、値崩れを通していることは、当方には嬉しいことそれでも、家電製造会社にとっては、収益面で問題となります。

 

でも、安くしないと売れない時代ですから、製造会社側は頭を悩ませているでしょうね。

 

 

ですが、このような状況下で、3Dテレビが発売されます。

 

現在のテレビと違って、値段も少々高いようです。

 

ですから、これは、製造会社側にとっては収益源として、3Dテレビの売れ行きが期待されていることでしょうね。

 

 

2010年に入って間もなく、1月、ラスベガスで米国最大の家電ショーが行われました。

 

このイベントは「InternationalCES」というものです。

 

この家電ショーは、世界的にも有名であり、様々なヒット商品がこのイベントでデビューしています。

 

たとえば、CESで過去にデビューした製品はどんなものかと言いますと、1970年はビデオカセットレコーダーでした。

 

 

 

3Dテレビについてその4

1974年には、レーザーディスクプレーヤーが、1981年にはカムコーダーがデビューしています。

 

また、1981年には、コンパクトディスクプレーヤーが、1990年にはデジタルオーディオ技術のデビューでした。

 

そうして、1991年はコンパクトディスク、インタラクティブが、1994年にはデジタルサテライトシステムがデビューしています。

 

1998年には、高精度テレビ、1999年には、ハードディスクVCR、2000年にはサテライトラジオがデビュー。

 

そうして、2001年にはマイクロXボックス、2001年には、プラズマテレビ、2002年にはホームメディアサーバーがデビューしています。

 

2003年には、今、大いに普及してきました、ブルーレイDVDがデビューし、2004年には、HDラジオ、2005年には、IPTVでした。

 

2007年には、コンテンツと技術の新統合、2008年にはOLEDテレビ、2009年には、3DHDTV、2010年には、タブレット、そして、ネットブック、アンドロイドデバイスがデビューしているエキスポです。

 

 

2010年、ConsumerElectronicsShowでは、あちらこちらの大手家電製造会社が大々的に3Dテレビを展示しました。

 

その3Dテレビによって会場はおおいに盛り上がったそうです。

 

みっちり、おんなじころ、「アバター」という映画が作られました。

 

3D映像で遊べる映画「アバター」が大ヒットしたことも記憶に新しいですよね。

 

 

 

3Dテレビについてその5

この映画が世界中に話題になったこともあり、3Dとしての映像に興味を持つ人が増えたと言われています。

 

それまで知らなかった人も、この映画で3D映像が如何なるものなのかOKと思います。

 

テレビのニュースや情報番組でたっぷり、取り上げられていましたからね。

 

映画の反響が良い宣伝にもなり、人々の3Dテレビにおける興味度もアップしたのでしょう。

 

 

普通のテレビじゃもの足りない人もいらっしゃるでしょう。

 

ですから、これから、更に3D映像が注目繋がる時代になるかもしれません。

 

製造会社のもくろみどおり、家庭でも気軽に立体映像を見極めることが出来る時代に達するのでしょうか。

 

 

確かに飛び出す映画を見たり、アトラクションなどで立体映像を見たりすると、実際興奮しますよね。

 

てんで、画像がすぐ近くまで出て来たような、そして手を伸ばせば触れるような臨場感、これも大きな娯楽となるでしょう。

 

 

各家電製造会社から、3Dテレビが続々と発売されますから、初々しい家電に興味がある方、また、テレビの買い換えをお考えの方は注目やるでしょう。

 

ですが、3Dテレビは、立体として見分けるなら、専用メガネが必要です。

 

これがないと、画面に映っているものが飛び出したように見えません。

 

映画や風景など、奥行きがあるように見えてますます臨場感があるのでしょうね。

 

この次世代テレビと呼ばれている3Dテレビ、このコレクションでは、ソニー、パナソニック、シャープなどがデモンストレーションを通じていました。

 

 

 

3Dテレビについてその6

パナソニックにおいては、50から60型のプラズマ3Dテレビを、ソニーは、40から60型の液晶3Dテレビを市場投入する旨を発表しています。

 

これほど気合いが入っているメーカーだが、実際に家庭においての普及はいかなる見込みなのでしょうか?
確かに、3Dテレビがあったらより映画を楽しめそうですよね。

 

でも、テレビを家事の合間、延々と見ている主婦も多いのも事実です。

 

本当に座って眼鏡をかけて、テレビを見る、そうした時間が取れない人には、少々手が出ない家電ではないでしょうか?
そういった家庭環境で、この3Dテレビが普及するには、いかなることが必要かと考えてみると、いよいよ、アバターのように、3Dで絶対に見たいとでっちあげるようなコンテンツが豊富にあれば、家庭における需要もなるのではないでしょうか?
テレビは昔からの娯楽です。

 

家庭では何かをしながらテレビを確かめる人が多いでしょうが、きちんと時間を作って真剣に見れば、リビングが映画館もののスペースになるでしょう。

 

サラウンドシステムなどと併用して3Dテレビで映画が見られれば、映画館並みの迫力を楽しめるものだと、私は期待しています。

 

価格も依然下がらないでしょうが、でもほしい人はほしいのですから、一般家庭に普及せずとも、マニアの中それでは常識的な家電になるかもしれませんね。

 

また、3Dテレビとしては普及せずとも、ゲームの画面としてなら需要が多いのではないか、という意見もあるようです。

 

確かにゲームキャラが飛び出して来たら、それは全く可笑しいことでしょう。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク