ハーブを使う際の注意点

スポンサーリンク

ハーブを使う際の注意点

アロマテラピー等で使われている精油は、ハーブの成分を凝縮させたエッセンと言って良いと思います。
精油を生み出す為には色んな方法が有り、「水蒸気蒸留法」はハーブ(植もの)の下から水蒸気をあてる事で成分が蒸発します。
至急その上記を冷やしてエッセンスとして抽出する方法の事を指しています。
「溶剤抽出法」はハーブをアルコールの中に漬けて赴き、ハーブの成分をそのアルコールの中に溶けださせる方法の事を指しています。
「圧搾法」は植ものの果実等の皮を絞って成分を抽出させる方法の事を指しています。
以上が精油を仕立てるときの主な作り方になるのですが、こういう様にハーブ(植もの)の成分をぴたっと押し込めているのが精油になります。
昔からハーブは薬としても使われていた事がある事からも極める様に、様々な効果を持っていますので、その成分が凝縮されているとなるとほんの数的にその効果も凝縮されている事になりますから、使い方には充分に注意する必要が在るのです。

 

 

精油は通常キャリアオイルや色んなものに含ませて薄めて使って充分に効果が得られるものです。
原液のまま使ったり飲んだりしては危険だという事、1度に多くの精油を使うと効果が強すぎて逆効果になって仕舞う事が有りますので注意しましょう。
また肌に塗る際には原液は危険です。
キャリアオイル等で薄めてから肌に付けてください。
何より目や唇と言って粘膜部分は薄めたものけれども使わない様に気を付けましょう。
ハーブから作られて精油にはたくさんの種類が有り、そのそれぞれの種類で使い方、効果が違います。
それぞれの注意事項をよく把握した上で使用する様にください。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【ハーブバス】

ハーブバスと言うと優雅な感じがして相当手が出せないというイメージが有りますが、日本もかねてから菖蒲湯(端午の節句等)、柚子湯(冬至等)等、意識していないでしょうが日本のハーブ湯を楽しんできた民族で有ります。
菖蒲湯は身体をあたためる効果が有りますし、柚子湯では風邪予防効果が有ると言われています。
これらはとも植ものの持つ力を利用している事になります。
また効果だけじゃなくて香りも楽しめるとあって癒しの極みの様な形で昔から皆に親しまれてきました。
それは和風でも洋風でも関係なく、ハーブバスの大きな魅力ではないでしょうか。

 

 

ハーブバスは難しいと考えがちですがたいして簡単です。
おスキな種類のハーブを摘み取って少し洗って浴槽に浮かべるだけで良いのです。
主に使えるものとしてはローズ、ラベンダー、キンレンカ等ではないかと思います。
キレイな花を湯船に浮かべ、そこに身体を沈める。
そんな優雅な感じが効果は別として癒される空間ではないかと感じます。

 

 

本当にやってみようと試みる方も多いと思いますが一門ファクターが有ります。
ハーブを直接湯船に浮かべてしまうと掃除がとっても大変だという事です。
キレイなお花は見られないかもしれませんが自宅では香りと効果を楽しむという事で、ガーゼ等にくるんで閉じ込める事をお勧めします。
また、ハーブの種類によりますが精油として販売されているものも有ります。
数滴垂らすだけでおんなじ効果が有りますのでお勧めしたいハーブバスの方法です。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【ポプリ】

ポプリというのをご存知でしょうか。
一般的にポプリと言うと乾燥させたハーブ(花や植もの)を袋や容器に入れている物と考えられていますが、本当はポプリと言うのは袋や容器の中身の事を指しているのです。
乾燥させたハーブ自体を室内香として呼んでいて、ポプリを入れている袋の事をサシェという様に呼んでいます。
ポプリ自体は花や植ものを乾燥させたものと言いましたが、花、葉っぱ、果実、木の実、茎、樹皮等の乾燥ものの事も一緒に指しています。
これからも聞き取れる様にポプリは乾燥させたハーブそのものなのです。

 

 

あんなポプリを楽しむ為には色んな種類のハーブを使っても良いですし、入れものを工夫しても良いと思います。
袋に添えると中身が見えなくなってしまいますので、お皿に入れておくとか、ガラスの容器に入れて彩る等しても良いですね。
熱を加えて香りを別途くすぐるのもお勧めですよ。
ポプリは香りと見た目を楽しみますが、お湯にいくぶんポプリを入れておんなじハーブの種類のエッセンスを数滴垂らしてみても良いかもしれませんね。
見た目や香りだけじゃなくて、効果自体も取る事が出来ると思います。

 

 

ラベンダー等茎がしっかりしている物については、乾燥させてドライフラワーの様にしておくと喜ばしいインテリアとして楽しむ事が出来ますよ。
ハーブの種類を変えて色んなポプリを作って自分オリジナルのポプリとしていってみてはいかがでしょうか。
トイレや玄関、リビングに置いて如何にも素敵な香りの生活が始まりますよ。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク