ハーブの楽しみ方【料理】

ハーブの楽しみ方【料理】

世界各国で昔からハーブは料理にも使用されていた様です。
主な用途としてはお肉や魚の臭み取りに使われたり、ハーブをスパイスにおいて香付けに使ったり、食材を保存させる為に使ったりと色んな使われ方を通じてきました。
使い方も1種類だけ使っても良いですし、お好みに合わせて数種類のハーブを混ぜ合わせて使っても良いみたいで、自由に使っていただけるメリットが有ります。
ではどの料理にどの種類のハーブが合うのか代表的なものを挙げてみたいと思います。

 

 

【魚料理】
魚を焼くときに使ったり、味付けに一緒に入れたり、魚を揚げる際に衣に取り混ぜたり、魚にかけるソースに合わせたりして使われます。
主に通じるハーブの種類はパセリやタイム、バジル、セージ、マージョラム、フェンネル等が有ります。

 

 

【肉料理】
お肉の煮込み料理の際に使ったり、焼く時、揚げる時に使ったり、ソースに混ぜて使ったりします。
主に通じるハーブの種類はローレル、マージョラム、セージ、タイム、チャイブ等が有ります。

 

たとえば煮込み料理で扱う際には、ブーケガルニと言って、タイムやローレル、ローズマリー等数種類のハーブを糸で束ねたものを一緒に鍋に入れて香付けをしたり、臭み取りをしたりして使います。

 

 

この他にも卵料理に使ったり、スープに使ったりと色んな料理に使用出来ます。
インターネットをみると色んな使い方が紹介されていますのでぜひご自分のスキな使い方を見付けてみて下さいね。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【色々】

色んな使い方をハーブではする事が出来ます。
ハーブにはたくさん種類が有りますので、各種類の効用や使い方が有ります。
アイデアを出せばまだまだ用い方も連なるでしょう。
そこでここではハーブティーや料理ではない、様々なハーブの使い方をご紹介してみましょう。

 

 

【におい袋(ポプリ)】
香りが強めのハーブを乾燥させ、モスリンという袋の中に入れるか、ポプリ用のガラスの容器に入れて香りを楽しみます。
袋に閉じ込める場合はタンスの中に入れたり、カバンに入れたりして楽しんでください。
容器に来れる場合はリビング、寝室、玄関等に置いて香りを楽しんでください。
ガラス容器に閉じ込める場合はインテリアとしても楽しむ事が出来ます。
主に生きるハーブの種類は、ラベンダーやローズマリー、カモミール、ベルガモット、マージョラム等です。
扱うハーブを気分に合わせて変えると、色んな香りを楽しむ事が出来ます。
また、タンスの中に取り入れる場合、虫除けの効果的が在るハーブを使うと良いかもしれません。
効果を調べながら香りを楽しんでください。

 

 

【ハーブピロー(枕)】
ハーブのリラックス効果や安眠効果を得る方法として、乾燥させたハーブを枕に押し込めるという方法が有ります。
入れ方としては乾燥させたハーブや花を小さめの袋に入れて枕の中に含めるという方法です。
芳香作用によってハーブの効果を得る事が出来ます。
しかし大量のハーブを入れてしまうと香りが強すぎて逆に眠れなくなってしまいますので少量にください。
オススメのハーブはローズマリーやレモンバーム、ラベンダー、ベルガモット等が有ります。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【ラベンダー】

ラベンダーという種類のハーブは、ハーブの中それでも有名な植ものですよね。
アロマテラピーとしてけれどもよく使われているのがラベンダーなのです。
ラベンダーはシソ科の植ものになり原産地は地中海沿岸だそうです。
ラベンダーはアロマテラピーだけじゃなく、ハーブティーに使われたり、食用だったり、香料やクリーム等と大きい用途で利用されているハーブとなっています。
ラベンダーの元々の学名は「Lavandula」と呼ばれており、「洗う」という意味が秘められているそうです。
その意味の通り、入浴剤としても昔から使われていたそうです。

 

 

ではこんな有名なラベンダーというハーブの種類ところが、いかなる効果を持ち歩いているのでしょうか。
代表的な効果をご紹介してみましょう。
何と言っても心のリラックス効果が得られます。
ジリジリしたり、緊張したりと心が騒いで仕方が無い事って見て取れるというのです。
そう言う精神状態をリラックスさせる効果が見て取れると言われています。
使い方としてはハーブティーとして飲んだり、ハーブバスとして芳香療養で楽しんだりと楽しみながら使用出来るのも魅力的です。
もちろん心のリラックス効果だけじゃなくて、身体のリラックスにも効果を発揮します。
血圧を沈めてくれたり、ストレスを緩和させたり、月経異常の緩和等の効果も見られるそうです。

 

 

しかし、万能の様に言えるラベンダーも場合によっては副作用が出る可能性が有ります。
稀に便秘になったり、頭痛が起きたりする事が考えられますので、頭に知識として入れておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【ローズマリー】

ローズマリーはハーブの種類の1つになります。
実に痛烈抗酸化作用や血行促進効果を持っていますので、アロマテラピーとして使われたり、コスメやヘアケア製品等のコスメティックに成分が配合されたりと用途も大きいのが特徴です。
アロマテラピーにローズマリーを使うと、そのスッキリとした感じの香りが集中力を上げると言われていますので、集中狙う事が在る時等は便利ですし、先程記述した様に血行促進効果も在る為に、肩凝りの解消にも効果があると言われています。
ローズマリーはアロマテラピーやコスメティックとして通じる他にもハーブティーとしても使われたり、ハーブバスとして使われたりとほんとに用途が多岐に渡っています。

 

 

そういった色んな効果を持っているローズマリーですが、主な効能としては以下の事が挙げられます。
ローズマリーはヘアケア製品に配合されている物が多いですが、髪の毛を健康にしたり、抜け毛やフケっていう状態を予防する効果が在る様です。
ローズマリーと他の相性の良いハーブを合わせる事で、様々な頭皮や髪の毛に関するトラブルを解消させる効果が見て取れると言われています。
また集中力がアップすると書いた通り、脳にも影響を与えています。
ローズマリーにはカルノシン酸と呼ばれる成分が含まれています。
これによって神経細胞が死んで出向くのを防ぐ力が見て取れると言われているのです。
その為に、アルツハイマー病等の病気の予防にも効果が期待出来ると言われているのです。
やはり、効果を得る為には摂取をしなくてはいけませんが、大量に摂取してしまうと逆に副作用が出てしまう可能性が有りますので、容量を可愛らしく守って使用する様にすると全くいいハーブの効能が得られる種類なのです。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【アロエ】

料理で使われているハーブの種類には、刺激が在る風味を持っているハーブ、香りがさわやか感じのハーブが主に使われています。
ここでは料理に生きる事が見て取れる種類、「アロエ」について説明していきます。

 

 

アロエは食用の具材として多くの方に親しまれているハーブになります。
アロエをハーブと認識していない人も多い様ですが、アロエヨーグルト等も有ります通り、食材として多分に使われているのです。
ダイエットや美容に役立つイメージが強いハーブです。
アロエには約600種類ともおっしゃる位多くの種類のアロエが有ります。
我らが食している一般的なアロエはその中それでもキダチアロエ、アロエベラ等が挙げられます。
アロエの用途としては昔から万能薬として使われてきたそうで、昔からアロエがあると医者いらずだとか、医者泣かせとか言われてきたさんざっぱら役立つハーブになります。
その効能を利用して、化粧水やヨーグルト等多くのものに配合されているのです。

 

 

では、いよいよアロエにはどういう効能が見て取れるのでしょうか。
主な効果としては体内にある炎症を抑えてもらえる効果が有ります。
これにより血行が良くなって痛みを緩和させて貰える。
また胃腸の働きをすばらしくする為に、胃腸の中をバランス良く整えてくれる作用があるのです。
そうした効果からダイエット効果も有ると言われています。
また胃腸のバランスを正常にすると、肌荒れも解消されてきますので、美容の為にもぜひ摂取したいハーブではないかと思います。

 

 

 

ハーブの楽しみ方【セージ】

セージとは、よく料理に使われているハーブの種類として有名です。
何よりセージはお肉料理と相性が良いと言われていて、風邪予防や脳の活性化も出来ると言われているのです。
セージの原産地はヨーロッパ南部で、シソ科に分類されます。
日本ではサルビアとも呼ばれていてこちらの方が分かる方も多いかと思います。
セージは昔から万能薬として厚川てきた種類のハーブで、その事からもセージの語源は「salvere(救う)」というラテン語からきているそうなのです。
セージは1種類だけじゃありません。
ホワイトセージ、チェリーセージ等という様にいくつか種類が有ります。
浄化や万能薬としての役割だけじゃなく、アメジストセージの様に観賞用として通じるセージも有ります。
色んな用途を所持しているのがセージの特徴ですが、主に香料として料理に通じる事が手広く、中けれどもお肉料理に至ってよく見合うとしています。

 

 

ではいかなる効能がセージには有るのでしょうか。
万能薬として使われているとしている通り、セージには殺菌作用が見て取れる為に喉や鼻の殺菌作用が利く為か風邪予防に効果が在ると言われています。
うがい薬として取り扱うのも良いですが、ちょっと贅沢に深い目のセージのハーブティーを入れて飲んでもおんなじ効果が得られる様です。
もっと脳の活性化が出来ると言われていますが、集中力や思考能力が伸びる効果が有りますので、仕事の前やテストの前等には良いかもしれません。
ますます女性ホルモンのバランスを整える効果も有りますので、女性特有の症状の緩和も期待できます。