ハーブを育ててみませんか

ハーブを育ててみませんか

 

自分でハーブを育て上げるとなると大いに困難事の様に感じますが、ついにハーブを育て上げるという方の場合には苗から始めるとほとんど簡単に育て上げる事が出来ます。
苗はホームセンターや園芸店等で色んな種類が売っていますので簡単に手に入れる事が出来ます。
やはり種を購入して種から育て上げるのも良いのですが、種から育て上げると芽が出るまでにかなりの日数と水をやったり、管理をしたり等の手間がかかってしまいますし、何とかだから失敗して結局芽も出なかったなんてなるとくれぐれもハーブなんて育てないと見紛うというのです。
それは残念事なので出来ればついにハーブを育て上げる方は苗からの方が良いかとオススメしたいのです。
春に苗を買って植えて、夏か秋位に収穫出来る様な感覚をとにかく味わってみてハーブ作りの感覚を養いましょう。
その後に種から育て上げるでも良いと思いますよ。

 

 

ではここからはハーブを育て上げるにあたってのポイントをご紹介してみたいと思います。

 

 

ひとまずハーブの大半の種類は日当たりが良い所が大スキだという事です。
本来は南向きで1日中日が引っかかる場所が理想ですが、自宅で育て上げる場合はこんな理想的な場所は実に有りませんよね。
でも出来るだけ日当たりが良い場所、最低でも半日位は日が引っかかる場所で育て上げると良いでしょう。
しかし、ハーブの種類によっては逆に日に覚えないで日陰で育てた方が良いと言われているハーブも有りますので、選ぶ際に基本的育て方は調べておいた方が良いでしょう。

 

 

 

フレッシュハーブティーの素材の扱い方

フレッシュハーブによってハーブティーを呑む方は、ハーブティーをよく楽しもうとしている方が多いのではないかと思います。
自宅でハーブを数種類栽培していて、料理に使ったりハーブティーに使ったりと楽しんでいるかもしれませんね。
ハーブティーをフレッシュハーブで楽しむ場合は、材料自体を必要な分だけ、必要な種類を飲み込む場合もぎ取る様にした方が良いと思います。
ハーブティーの香りを充分に引きだす為には、香りを充分に蓄えて得る午前中、出来れば太陽が依然酷い位置にいるうちに摘み取るのが良いと言われています。
年少ときのものによる方が良いので、抜き取る際には傷んでいる部分、茶色くなっている部分は一緒にしない様にください。
葉っぱの部分じゃなく花の部分をハーブティーに取り扱う場合は、出来れば解く直前の花を摘み取って取り扱うのがオススメです。
摘み取る際には他の枝を傷付けないようにして、お手入れも一緒にする様な感じで丁寧にハサミによって取り上げると良いでしょう。

 

 

自宅で栽培していて、なお無農薬で育てたフレッシュハーブを使うなら逆に洗わなくても良いかもしれませんが、汚れを取るという意味でもさっと洗った方が良いと思います。
洗う時に使う水も冷水、お湯は避けて、常温の水やぬるま湯なんかを使う様に心掛けましょう。
フレッシュハーブによって贅沢にハーブティーを煎れたり、自分のスキなハーブによってオリジナルハーブティーを作ってみたりするのも良いですね。