ハーブって何の事でしょう

スポンサーリンク

ハーブって何の事でしょう

本来「ハーブ」の意味はラテン語の「ハーバル(Herbal)」が語源だと言われています。
意味合いとしては「野草」「草木」という意味を持つそうです。
ほとんどハーブに馴染みが無い人の場合、何やら難しそうなイメージが有りますが、本当はそこらへんに生えている草花に関してもハーブとして分類されるとなると分かりやすいかと思います。
本当は甚だ馴染み深いものなのです。
そういったハーブ類を日常生活の中に混ぜる様になったのはヨーロッパが代表的ですが、ヨーロッパでは大昔から薬効性が在るものとしてかなり珍重されてきたと言われています。
日本も薬草が怪我や病気に効果が有るとして使われて来たのを考えると納得しますよね。

 

 

ハーブは種類がたくさん在ると言われており、せめて2万種類以上有るようです。
その中での医学的観点で使えるハーブは200種類は有ると言われており、それぞれのハーブの効能を覚えておくと、実際様々な病気に対処出来ると言われているのです。
まさに海外ではメディカルハーブとして認知されていて、薬局で購入する事も出来るそうです。
日本では未だに薬効としては扱われていないのが現状です。

 

 

ハーブの働きに関して言うと、人間が持っているナチュラルヒーリングパワーをサポートできる働きが在ると言われています。
却って病気に関してだけじゃなくて香りや味わいを楽しむ事でリラックス効果や美容にも役立たせる事ができ、日々の生活の中で充分に活躍してくれているのです。

 

 

 

ハーブに関して

世界中差し掛るところにハーブは有ります。
ヨーロッパを例に挙げてみると、ローズマリー、カモミール、ラベンダー、セージっていうお馴染みのハーブの種類が挙げられます。
ハーブと言うと日本には関係なさそうな感じがしますが、日本にもハーブはたくさん有ります。
主な種類としてはシソ、ワサビ、サンショウっていう感じですね。
これからも聞き取れる様に、世界中で各国のハーブというのが存在しています。

 

 

ハーブと言うとハーブティーや料理に使うという様な優雅な雰囲気が有りますが、薬用や漢方薬に選べる等、メディカルな部分として使われて来たのが最初だと言われています。
ハーブはしゃべり尽くせない位たくさんの種類が有り、色んな効用、色んな使われ方を通じて生活の中に取り入れられてあり現在に至っているのです。
ハーブはわざと育てている物も有りますが、雑草とはからずも呼びがちで家の周りに生えている様なものだってハーブの種類になるのです。
つまり本来ハーブは自生している植ものなのです。
昔はキャベツやセロリっていうものもハーブとして扱われていましたが、食用に栽培浴びる様になって野菜としての分類にされた様です。
つまり、ハーブは私達人間の生活を支えてくれる植ものという位置付けになるのではないでしょうか。

 

 

ハーブは医学的にも役立ちますし、アロマテラピー等、癒しとしても役立ちます。
ハーブティーや料理、お風呂、洗濯、生活とあらゆる部分で役立ちます。
色んな種類が有りそれぞれの役割をこなしていますので、ハーブについて勉強してみると興味深いと思いますよ。

 

 

 

ハーブにはどんな効能が有るのでしょうか

植ものの中けれども何かしらの効能が有る植ものの事を「ハーブ」として分類しているそうです。
色んな効能を種類によって持ち歩いているのですが、一般的なものとしては、体内の浄化に関する効能、身体の活力アップの為の効能、鎮静作用の為の効能等、多方面に渡っての効能を持ち歩いていると言われています。
ハーブの香りの中においている有効成分によって鼻から成分が入りこんで赴き、そこから脳や血液の中に成分が送られて、身体の免疫系に関する所、ホルモン系に関する所、自律神経に関する所等にそれぞれ働きかけています。
また、それだけじゃなくて、人間が本来持ち歩いているホメオスタシスをサポートできる効能も持ち歩いています。
もう一度、ハーブには抗酸化作用が有ります。
私達の身体は年齢を積み上げると共に活性酸素が増えてきて細胞を壊して赴き身体を酸化させる事で老化に繋がっています。
その酸化を防ぐ作用がハーブには在るのです。

 

 

何かと見ていると、ハーブの効能自体には効き目は有りません。
ゆっくりジワジワと効いていくというイメージになります。
その為に継続して使う肝要も無論出てくるのです。
また、ハーブを1種類だけじゃなくて数種類ブレンドさせて使う事で効能が上手い事ブレンドされて新規効果を引き出す事も出来るのも魅力の1つではないでしょうか。
ですから、ハーブを上手に生活の中に取り入れていって、効能を楽しみながら効能を期待し過ぎないで気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。
気付いたら必ずやいい効果が得られていると思いますよ。

 

 

 

ハーブの歴史について

我々が思っているよりかねてからハーブの歴史は始まっているそうで、それはキリスト教の発祥前から一般的にハーブが生活の中で使われてきたと言われています。
ヨーロッパでキリスト教が発祥する以前も宗教は有ったのですが、その宗教とハーブに濃い繋がりがある様なのです。
今はハーバリストとかハーバルセラピストという言葉が使われていますが、これはハーブを自宅の庭で栽培している人、またはハーブに深く造詣がある人を指している言葉で、尊敬の念を込めて使われている言葉だそうです。

 

 

ヨーロッパの中世の時代、ペストと呼ばれる危ない病気が蔓延したと言われていますが、その時にペストの感染を防ぐ為に使われたのがハーブだったそうです。
セージやローズマリー、マージョラムといった種類のハーブをお酢に漬けて、酢に溶け出したハーブの成分を呑む事で感染が防げるといったハーブの知識を活用した方法で窮地を救ったのだそうです。
当時は薄々した知識だったのかもしれませんが、現代になってハーブの効能を研究してみると、ハーブには種類によって抗酸化作用が在る事が分かりました。
つまり、体の免疫をアップさせる働きがハーブには見て取れるという事なのです。

 

 

ハーブの知識はローマからですが、結果として知識が残ったのはローマ教会からは離れているイギリスだった様です。
今ではイギリスからヨーロッパ、アメリカに関してハーブの知識が発信されています。
また、アメリカ移民の手でヨーロッパからアメリカにも伝えられたとも言われています。

 
Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する livedoorクリップに登録する イザ!ブックマークに登録する

スポンサーリンク